東京発!冴えない日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

草津と小諸の間(前)

IMG_1445624.jpg

名湯草津温泉
上州ゆめぐり号に乗って草津に来た目的はたまには温泉でのんびり過ごして小諸からの新宿行きで戻るだけの計画であった。

だけど、調べているうちに思わぬルートで小諸まで繋がることが判明し、温泉かそちらか迷った挙句後者にしてしまった。
今回はそんな気持ち的に複雑な感じで臨むルートで良いか悪いかはゴールしてからはっきりするだろう。

IMG_1436624.jpg

本来の目的である温泉にはちゃんと入っています。
こちらは市街地から歩いて15分ほどの西の河原露天風呂という基本的に草津温泉の立ち寄り湯は無料に対して500円かかりますが、新緑の山々を見ながら広い露天風呂は最高で時間を気にしなければ長くいたほどです。

IMG_1455624.jpg

足早に草津温泉バスターミナルに戻り、第一ランナーは白根火山行きで3社が入り乱れる中で草軽交通の担当便です。

IMG_1464624.jpg

辺りは草津温泉スキー場のゲレンデが広がる国道292号線をひたすら登り続けながら

IMG_1466624.jpg

やがて草津の町も遥か眼下に見渡せるまでとなり、その高さがうかがえます。

IMG_1465624.jpg

万座地区からのJRバス便とスライドし、一見関係ない間柄に見えますが挙手を交わしながら山岳地帯で頑張るもの同士エールを送っているように見えます。
この後、西武高原バス便ともスライドし同様に挙手を交わしますが、使われていた車が本家西武バスからの移籍車でなんら珍しくはないでしょうけど、カラーが東京や埼玉県内を走る西武バスで使用されている通常の「笹カラー」と呼ばれる言わば転籍してもそのままの状態なので、地元民から見ればビックリ
普段、住宅地や街中の平地を走っているのがこんな山岳を走る姿に違和感に見えたほどです。

そんなグルグルと登りながら終点の白根火山に到着

IMG_1471624.jpg

IMG_1473624.jpg

6月というジメジメした時期でもここは別世界で早くも発車前に考えていたことは良の方向でこれから先が楽しみとなってきました。

IMG_1475624.jpg

ということで、第一ランナーの車
どこかで見たことあるぞと思っていたらかつて東急バスの世田谷地区等で走っていて、何かしらの乗り継ぎ移動で乗った覚えがあります。
草軽交通は東急のグループ会社でこのように親会社の車がそのままの姿で山に挑んでいます。


スポンサーサイト
コメント
素敵な出会い旅
素敵な旅ではありませんか。
これからの季節、群馬、長野方面はいいですね。
2011/04/16(土) 16:50 | URL | 藤岡マサヤ #-[ 編集]
No title
藤岡マサヤ様

お言葉ありがとうございます。
ほんと、これからの季節にはピッタリであり震災で自粛するのも仕方はないでしょうが、せめてもの地域貢献の意味でも出かけてもらいたいですね。

2011/04/18(月) 03:20 | URL | TOK #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

TOK2006

Author:TOK2006
埼玉県出身長崎県育ち、現在東京在住の私が自分探しと日本人として日本という国をよく知ろうというコンセプトのもとで旅を中心に興味あること、また新しいことに挑戦していく日々を描いています。

最近、ツイッターを始めました。
旅の模様を中心に自分なりの独り言ごとを書くつもりです。

TOK2006のアンテナ

TOK2006のTwitter

過去の活動
三浦半島をバスで行く1
三浦半島をバスで行く2
環七通りをバスで行く
バスだけで家に帰る
秋のかなちゅう巡り
夏のかなちゅう巡り(09年版)
上信 バスの旅
東京・小田原 路線バス乗り継ぎ旅
小田原から・・・路線バス乗り継ぎ旅
高速バス乗り放題の旅
西日本パスで西日本周遊

路線バス巡り 天北線
路線バス巡り ふるさと銀河線代替バス
路線バス巡り 瀬戸大橋線
路線バス巡り 豊富留萌線


勝手に「乗りバス」リンク集

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。