東京発!冴えない日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出の路線をたどる 続き

まずは生存確認として、間が空き過ぎたことにお詫び申し上げます。
仕事やら帰省に追われているうちにこうなってしまい、気持ち切り替えて更新にも励みたいと思います。

IMG_0998408.jpg

前回の続き、しずてつジャストライン安倍線の終点横沢から静岡市が運営する井川地区自主運行バスへと乗り継ぐが、事前の乗り継ぐ人の人数確認では2名だったけど、実際はもう1名多くいた訳で定員には全く差し支えない。

IMG_0996408.jpg

IMG_0999408.jpg

そして、井川方面から現れた9人乗りのワンボックスタイプの車には「てしゃまんくん」と愛称が付けられており、この時に初めてこういう名前があることに気づき、井川方面から乗ってきたお年寄りの方がしずてつ安倍線の折り返しである新静岡行きに乗り継いでいく姿を見届けた。

我々が乗る井川方面行きの発車は9時40分でしばしある時間でのんびりと過ごしています。

続きを読む
スポンサーサイト

思い出の路線をたどる

IMG_0960408.jpg

今回は通常の乗りバスでも、ちょっと違う気分で臨む
全国津々浦々の路線を乗車してきて、どこも良かったけど、その中で特に記憶に残る路線として静岡県のしずてつジャストラインが運行していた「静岡井川線」があった。

新静岡から南アルプスの登山ルートである畑薙ロッジとの登山者用でもあり、名前の通り井川地区の住民の足でもあり路線で畑薙まで片道3時間強の山岳路線でありながら、始発から終点まで共に静岡市葵区を走るというなんとも不思議な路線である。

かつて大井川鉄道井川線に乗車する為に井川駅前まで利用し、路線そのものは2008年に定期運行は廃止となったが夏季だけの畑薙直行する便はある。

しかし、下りに限っては井川駅前には停車せず、実質路線の代替となるしずてつジャストラインの安倍線~井川地区自主運行路線に再度大井川鉄道訪問を兼ねて乗車してきた。

続きを読む

オホーツク海 乗りつぎ旅3

IMG_0122316.jpg

オホーツク海に近い町を雄武を次の発車時間まで散策しつつ、始発バス停となる所を探している。

大判の時刻表では、バスターミナルや中枢となるバス停だけが示されているのがほとんどで、その証拠に先程の枝幸~雄武間も道の駅雄武となる場所が「雄武」の表記で終点かのように思うけど、実際は雄武国保病院発着がほとんどである。

そして、次の紋別行きは道の駅雄武の手前である雄武高校入口から紋別ターミナルの先である紋別高校まで結ぶ路線である。

せっかくなので、始発地の高校入口バス停まで歩くけど、はっきりとした場所がわからないので、ならばと地図で雄武高校を頼りに歩いているうちに・・・・・

IMG_0121316.jpg

いかにも、それらしきな場所を発見し宗谷バスとは同じ位置でも名前が違うのには、どおりでわからないはずで、これも地方のバス停ならではのことで、宗谷バスから北紋バスへと舞台が移ります。

続きを読む

オホーツク海 乗りつぎ旅2

IMG_0103316.jpg

再び穏やかなパウダースノーが降る枝幸
枝幸ターミナルから雄武行きに乗り継ぐ。

ターミナル内の待合所には、イメージとは全然違って多くの地元の人が居合わせ、皆同じバスのようだ。

車はブルーリボンのトップドア車の稚内から乗ったタイプと同じ

IMG_0104316.jpg

宗谷バスの優先席である前方から順に固まっていき、若い人は後方が指定席である。

乗ってから気づいたことだが、かつてこの枝幸には国鉄興浜北線という鉄道が走っていて、バスターミナルのそばには鉄道の北見枝幸駅跡碑があるようで、すっかり見るのを忘れていた。

それよりもまわり雪だらけだと簡単に見つけられなかったかもしれないので、気にせずこのままバスの旅に専念するが、今乗っている路線は先述の国鉄興浜北線と東側を走る興浜南線を繋ぐルートであった。

続きを読む

オホーツク海 乗りつぎ旅1

IMG_0054316.jpg

おなじみとなった北海道における長距離路線バスの旅、毎年繰り返しながら特に前回は日本海オロロンラインを走った時にその逆側となるオホーツク海側も縦断したい思いが出てきて、それが日増しになるごとに強くことになり、あえて冬厳しい時期に念願だったことに挑戦してみる。

起点となる最北稚内バスターミナルから天北線でスタート
おなじみの外観のこのターミナルだけど、最近になって稚内駅前再開発に伴うバスターミナル移設でこの建物が使われなくなったようで、今となっては貴重となった。

さて、天北線で使用される車は基本長距離を考慮してかエアロスタンダードデッカーのこの路線専用車を用い、発車間際のターミナルではそれが来るのを脳内で想定していた。

だけど、来たのはこちらで↓ビックリ

IMG_0063316.jpg

トップドア使用でいちようは天北線用でたしかに以前乗った時にスライドした記憶が蘇ってきた。

IMG_0805316.jpg

天北線と言っても全区間の乗車ではないので、このぐらいでもちょうどいいぐらいで稚内から1人だけの乗車で9時02分発のバスで縦断がスタートである。

続きを読む
プロフィール

TOK2006

Author:TOK2006
埼玉県出身長崎県育ち、現在東京在住の私が自分探しと日本人として日本という国をよく知ろうというコンセプトのもとで旅を中心に興味あること、また新しいことに挑戦していく日々を描いています。

最近、ツイッターを始めました。
旅の模様を中心に自分なりの独り言ごとを書くつもりです。

TOK2006のアンテナ

TOK2006のTwitter

過去の活動
三浦半島をバスで行く1
三浦半島をバスで行く2
環七通りをバスで行く
バスだけで家に帰る
秋のかなちゅう巡り
夏のかなちゅう巡り(09年版)
上信 バスの旅
東京・小田原 路線バス乗り継ぎ旅
小田原から・・・路線バス乗り継ぎ旅
高速バス乗り放題の旅
西日本パスで西日本周遊

路線バス巡り 天北線
路線バス巡り ふるさと銀河線代替バス
路線バス巡り 瀬戸大橋線
路線バス巡り 豊富留萌線


勝手に「乗りバス」リンク集

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。