東京発!冴えない日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長崎人の戸惑い3

東京に来て、一番驚いたことは自転車の多さである。

街中を自転車が当たり前のように行き交い、駅前に当たり前のように駐輪場がある。
そんな風景が長崎とは違う。

そもそも、長崎の人間が全く自転車に乗らない訳でもないが、坂道が多い長崎市では自転車が不向きで、その上、ちょっとした移動には運賃100円均一の路面電車や運賃単価が全国的に安い路線バスがあるので、ちょっとした移動でも公共交通機関を利用することが多い。

自分が住んでいる郊外の田舎では、もっぱらマイカー移動が主となっている。

そんな自分も、引っ越した日に中古の自転車を購入して、買い物やサイクリングに使うようになった。
今では、路線バス巡りがメインだが、学生時代は、自転車で地元を散策したり遠出したりと結構使っていた。

そんなある日、自転車で移動中に警察に声をかけられて、自転車が盗難車ではないか調べられて、防犯登録ナンバーを警察署に照会して本人名義の確認をしたのだが、登録されていなかった。

   つまり「自転車屋が警察に登録してないのだ!」

その時は、問題なく切り抜けたのだが、こんな職務質問?は過去2回受けて、さらなる戸惑いを感じた。

東京に来て2年過ぎた頃、ついに自転車が盗まれ、すぐに新しい自転車を自分のバイト先で買った。
今度は、自分で防犯登録を申し込んで、現在に至っているが、最近は出番が少ない。

これから、あたたかくなるので久しぶりに乗ってみようと思っている。

自転車で感じることは、乗り方のマナーの悪さが目立つことがある。
とあるバスの車内放送で「自転車もだということを強く意識して、交通ルールを守り、正しい姿勢で乗りましょう」なんて言っていた。

まさに、そういう意識を持って、これからも乗っていきたい。
スポンサーサイト

ご挨拶

いつも、当ブログをご覧いただきありがとうございます。

いつのまにか開始から1カ月がたち、常連さんもできてきているようでうれしく感じています。

2006年に入り、何か新しいことを始めようと思い、このブログを始めました。
概要としては、長崎人である自分の日記を中心に、普段からやっている路線バス巡りや旅行を通じて、全国に触れて感じたことを書いたり、長崎を全国に紹介していきたいと思っています。

とは言え、まだまだ模索してることもあって、改良を重ねながら書いていきたいと思っています。

路線バス巡りでは、ただ乗り継ぎだけでなく、街道沿いや地域を縦断することも計画しており、その第1弾として「三浦半島をバスで行く」を行いました。
続きの日程は、まだ未定ですが、来月中に行いたいと思っています。

こんなブログですが、これからもよろしくお願いします。
感想、質問等のコメントも受け付けていますので、お気軽に書き込んで下さい。

最後に、このブログの参考文献というか、よく拝見している所を紹介します。

     「長崎新聞」
長崎新聞のホームページで、長崎のニュースや話題の情報源になっています。

     「Nagalog2」
長崎在住の自分と同年代の方がやっているブログで、路線バスの乗り継ぎ旅がすごく、「自分が長崎に住んでいるならやりたい」といつも指に口をくわえて見ている。
 
     「blog 荷風!」
都営バスの1つの路線を巡り、街を紹介している。
こんな、都営バスの旅も、今後やっていきたいと思う。
    


いつもと違うバスに揺られて

DSC00284.jpg


横浜中華街へ食事に行ってきた。

お腹がいっぱいになったところで、まわりを散策してみる。

DSC00286.jpg

DSC00287.jpg


おなじみの所から珍しい所まで見てまわる。

DSC00288.jpg


横浜中華街にもチャンポンが食べられる店があるんだ!しかも、店名は「長崎屋」

DSC00290.jpg


そのまま、山下公園へ向かう。

DSC00292.jpg


おなじみの「氷川丸」

DSC00294.jpg

DSC00295.jpg


よく見ると、無数のかもめがいて、自分の頭上にも飛び交っていた。

DSC00297.jpg


山下公園から横浜駅に向かう船「シーバス」があるので、乗船してみる。

DSC00299.jpg

DSC00301.jpg


横浜駅まで600円で途中、赤レンガ倉庫を経由していく。

DSC00304.jpg

DSC00310.jpg


こちらに住んでいるとあまり、船に乗る機会がなく、久しぶりに乗った。
仕事明けなので、船の揺れで眠気が襲ってくる。

結局、寝込みながら35分で横浜駅東口に到着する。

駅東口と言っても、「そごう」を抜けた所に船乗り場があるので、駅とは少々、離れている。

今度は、都内をまわっている水上バスに乗りたいと思っている。




長崎空港

2月16日に神戸空港が開港して関西圏が3空港になった

来月には新北九州空港も開業して、東京ー新北九州線に新規の航空会社が参入する。

昨年開港した、中部国際空港(セントレア)も含め近年開港した空港は騒音を考慮したのか、海上空港で観光スポットとして賑わっているのだが、同じ海上空港である長崎空港はあまり着目されていない。

世界初の海上空港であり、他の空港の埋め立て式とは違い、人が住んでいた島を崩して造成して作られたため、空港の住所は、その島「箕島」となっている。

そんな長崎空港だが、実は滑走路が3本あるということはご存知だろうか?

普段、私たちが利用する旅客機が離着陸するメイン滑走路が「B滑走路」本土側の長崎空港の前身「旧大村空港」にあたる滑走路が「A滑走路」で海上自衛隊やパイロット養成学校の飛行機が使われている。

あと、もう1本は?
それは、前述の2本の滑走路の中間である海の上、本土と空港島に架かる箕島大橋付近にある。

「水上飛行機」用なのだが、使われたことは見たことも聞いたこともないが、正式な滑走路扱いになっている。

2006年初勝負

DSC00279.jpg


JR新橋駅から歩いて10分ほどの所にある「ウインズ汐留」に行ってきた。

今年最初のG1レース「フェブラリーステークス」のためだ。

DSC00277.jpg


新橋駅と浜松町駅の間の線路沿いにあるので、目の前を山手線や新幹線が走っている。

結果は、フェブラリーステークスはダメだったが、他のレースで勝ってプラス4000円で自分では幸先いい方だ。

未だにG1レースは未勝利だが、少しずつ研究しながら、今年はプラスの年にしたい。
2006年の戦いがこれから始まる。

突然の行動

DSC00261.jpg


せっかく東京駅に来たんだから、このままどこか出かけたいと思い、反対側の八重洲口へ向かう。





続きを読む

東京のシンボル

東京を代表するもの、「東京」と聞いて何を浮かぶか?

東京タワー、都庁、浅草、渋谷など人それぞれあるでしょう。

DSC00256.jpg


私は、東京駅である。

普段、自分が東京に住んでいる、東京都民という実感はないが(税金はちゃんと納めています。)いつでも、身近に東京駅を見た時は実感が持てる。

長崎に引っ越して、物心ついて初めて小学生の時に新幹線で東京に来た時は、親にお願いして改札を出て駅舎を見たことがある。

そのまま池袋に行く予定だったので、今思えば、「電車代を余計に払わせたんだな。」と感じさせるが、今でも当時のことはよく覚えている。

DSC00253.jpg

DSC00259.jpg


いつまでも、このまま変わらず、私のシンボルであってほしい。

長崎的?

先日、長崎を旅行してきた職場の先輩からこんなことを聞かれた。

「神社をまわっていたら、鳥居の上に石ころが載っていたけど、あれは何?」

そういえば、自分が小学生の頃に近くの神社で階段の上から石を投げて、鳥居の上にのっけることをやっていたことを思いだした。

当時、「石を鳥居の上に載せて、拝むと願いことがかなう。」と聞いて、友達とよくやったもんだ。

そういえば、こちらの神社では鳥居の上に石がなく、すっきりしている。

長崎市の諏訪神社を代表するような階段がある神社が多い長崎の特色なのか、「願いがかなう」という風習も関係しているのだろうか?
とは言え、人がいる時は危険なので、石を投げないように!

もうひとつ、長崎の印象としてこんなことを言われた。

   「たき火している光景がよく見られた。」

これは、今まで気にしなかった。
私の実家もそうだが、ゴミを燃やしたり、正月が終わると地域で飾り物などをまとめて燃やす「鬼火焚き」と呼ばれる行事があるほどだ。

長崎の人は「たき火」をすることが多いのか?
こんな統計結果があるぐらいなので間違いないだろう。

やはり、地元の特色を知るためには、よその地域の人間に見てもらったほうがいい。


いざ、善福寺公園へ!

DSC00219.jpg


昨日は、天気がよく、暖かくなったので、目的地を決めて出かけようと考え、以前から行ってみようと思っていた杉並区の「善福寺公園」を巡る旅に出た。
続きを読む

新聞

長崎新聞社のホームページ内にある採用情報ブログ「長録"2007」

社員の声や新聞製作工程など、何気に読んでいる新聞作りの大変さがよくわかる。

それにしても、職場の同年代の若い同僚は、新聞読まないな。
逆に、私が読んでいると「おじさんだよ」と言われる始末!

「もうこの年になったら、普通読むだろ」と私は思ってしまう。

スポーツ新聞は読んでも、一般紙は読まない。そんな現実を考えるのであった。

ちなみに、職場には業界新聞?の交通新聞もあって、よく読んでいる。

長崎人の戸惑い2

上京して、通学のために電車を使うことが当たり前になった。(高校生の時は路面電車通学)

その時、駅での人の多さが一番嫌だった。
駅構内を人の波をかき分けながら歩き、駅から出るのも一苦労、それだけで疲れる感じであった。

駅の出口も多く、とりあえず外に出ようと適当に出たら、目的地の反対側だった。
長崎どころか九州の駅自体、改札口が複数ある駅なんてほとんどないので、駅周辺が迷路だった。
なかでも、新宿駅がよくわからず、JRから小田急線に乗り換える時に適当な出口として「新南口」に出たら、まわりに「小田急」なんて書かれた看板が見当たらず、目的地である友達に電話して聞いたものだ。

今では、新宿駅はよく行くので、出口がわかるようになった。
それでも、初めて降りる駅では、地図を見て確認して間違いのないよう心がけている。
特に、地下鉄の駅なんて、出口が多く、外からは見えないので、誤ると変な所に出てしまうから。

そんな、都会の自動改札に慣れると、地方の駅での有人改札が良く感じる。
帰省で、長崎駅に着いて東京からの切符を渡して、改札を出ると「帰ってきたんだな!」感じさせたが、今では、長崎駅も自動改札!しかも、私が上京して駅舎が変わっているので、今までとは違う景色にただ立ち尽くすだけで、駅前の路面電車を見て、ようやく実感してしまう。

自分が、上京した2000年以降、長崎市を中心に長崎は変わってきている。
長崎駅を含めた新しい商業施設が出来て、新美術館も出来て、長崎港に架かる「女神大橋」が開通と場所によっては、早速出向いている。

次の帰省時は、3月完成の「新西海橋」を渡ることだな。

それにしても、平成の大合併で新市町になったことは、未だに馴染めない。
自分の実家がある街も合併して、「町」から「市」になったことは特にそうである。

のんびりした休日

平日の木曜日、今日は休日!
そんな不規則な仕事をしている私です。

久しぶりに予定のない休日で、家でのんびりして、昼過ぎから活動開始。


DSC00193.jpg

続きを読む

三浦半島をバスで行く1 後記

DSC00170.jpg


逗子駅からスタートした今回の旅、当初は藤沢あたりを起点に行おうとしたが、同行した地元に住む友人のアドバイスにより、逗子からとなった。

そこで、前回終わった所からの続きと並行して、鎌倉を通って逗子にいたる路線も乗車して、三浦半島を巡る旅を終了したいと思う。

事前の調査で、稲村ヶ崎など江ノ島海岸沿い行く路線に乗るため、東海道線辻堂駅から江ノ電バスの鎌倉駅行きに乗りたいのだが、1日5本しかない。

時刻を調べて、鎌倉経由で逗子に行きたいと思う。

逗子から乗った「逗06」長井行きは、国道134号線「山手まわり」と呼ばれる道を通り、葉山至る。

これの海岸線、「森戸海岸」を通り葉山に至る路線がある。
「逗11」葉山町福祉文化会館行きと「逗12」葉山行き。

以前、この路線に乗ったことがあるが、逗子マリーナが見え景色がとても良い。
この路線に乗っていると、長崎市の三重・式見地区に似た港を通り、首都圏において、長崎らしい風景が見られる場所と感じている。

また、この路線も乗ってみようと思う。

なお、今回の旅で「三浦半島1DAYきっぷ」(1,100円)を使ったが、適用区間でのバス普通運賃の合計が2280円、プラス帰りの電車代は金沢文庫以遠の運賃を支払えばいいので、だいぶ得をしている。

三浦半島を巡る際には、ぜひともお得なので、利用してもらいたい。


長崎人の戸惑い1

長崎から上京した際に、驚いたり、発見したりして初めて知ることも多かった。

東京の人間は、当たり前に思っても、よその人間(長崎人)から見れば新鮮に感じる一面を少しずつ紹介していく。


  「文明堂」がいたるところにある。

長崎名物の代表的存在、「カステラ」
 
その専門店なんて、長崎しかないと思ったら大間違い!
長崎でも老舗の店、「文明堂」のカステラが駅の中などテナント形式でお店を出している。
「日本橋文明堂」など「文明堂」の頭に地名などをつけて展開している所もあるが、運営自体は、長崎の「文明堂」とは関係ない別の企業しているようで、まるで、「文明堂」はブランド名みたいだ。
そのため、長崎の店は、「文明堂総本店」というのだろう。

  「西友」は、スーパーだった。

私は、西武鉄道沿線に住んでいるが、ほとんど駅前にある「西友」は、長崎では長崎市の道ノ尾、諫早市の諫早駅前などにあり、その地域の最大店舗として、デパートかと思っていた。

スーパーだと知ったのは、学生時代に現在の地元の「西友」でアルバイトした時のこと、お客さんが全国の百貨店で使用できる共通商品券を商品購入の際に提示してところ、社員が「当店は、スーパーなので、お取り扱いしていません」とお断りしていた。

この時、社員さんからいろいろ話を聞いて、取り扱いができる商品券を確認したり、スーパーであることをあらためて聞いたりした。

   「灯油」の移動販売がある。

この時期だと「石焼きいも」のように車で移動しながら販売している姿をよく見かける。
時々、家の前に「餃子」を売りにくる車もやってくるほどだ。

それは、ある休みの日に寝てたら、外からメロディが流れてきて、起こされたことがある。
ゴミ収集車が、メロディを流しながら回収してくるので、最初はそれかと思ったのだが、ただ、いつも聞くメロディとは違うので、外に出てみると、2トントラックのタンク車が「灯油、灯油・・・」と言いながら住宅街をまわっていた。

普通、灯油なんてガソリンスタンドに電話注文して、配達してもらったり、車で直接購入したりしていたが、これならいつ来るかはわからないが、便利で、18リットル容器を家の前に置いて準備している所もある。

東京以外にも、移動販売している地域もあるだろうけど、私自身、このような光景は始めて見た。

このような、よそに住んでみて、その地域の違いや初めて知ることを定期的に書いていきます。


灯油と言えば、ついに、うちにも「松下電器」からの通知がきた。



  DSC00188.jpg


これ以上、被害が出ないことを願いたい。
 

三浦半島をバスで行く1

立春を迎え、ちょっとした小旅行に出かけようと思い、以前から計画していた三浦半島をまわる旅をしてきた。

DSC00143.jpg

今回、逗子駅からスタートなのだが、必需品を買いに、一旦、京急の新逗子駅に向かった。


続きを読む

春からの旅に

2月に入り、少しは寒さがしのいできている。

そして、これから春になって旅行には最適なシーズンになるが、今年の4月から各種、お得プランが発表されているのでご紹介します。

   「旅割」http://www.ana.co.jp/dom/fare/tabiwari/index.html

全日空が年中通して使える新割引運賃を発表した。
各地への旅行の他、帰省にも使える。

羽田ー長崎間だと便によって、18,000円~22、000円と便によっては既存の「特割7」よりも安くいける。

もともと、羽田ー長崎線は、他の九州路線よりも運賃が高く、福岡空港経由で長崎入りという人もいる。

それを打破すべく、昨年の夏に長崎線に就航した「スカイネットアジア航空」期間限定のバーゲン型で9,800円と非常に安く、私も早速、試してみた。

普通運賃も25、000円台と大手より安く、そのため、飲み物などのサービスが省略されていたが、値段を考えるとそんなことは、どうでもいい。

そのスカイネットアジア航空が、この4月から販売面で全日空と提携することになった。http://www.skynetasia.co.jp/company/press/info060126_press.html

もともと、整備などで全日空から支援を受けていたが、今回の提携で、「全日空・・便」としてもスカイネット・・・に乗ることができ、購入や全日空ユーザーの私としては、マイルも使えて、より使う機会が増えるだろう。


九州の旅に、お得な乗車券も出る。
それは、「九州の高速バス全線が乗り放題」というもの!
http://www.nishitetsu.co.jp/nnr/inf/release/release05_131.htm

昨年から発売されていた、鹿児島県・宮崎県を除いた北部九州の高速バス路線が乗り放題の「SUNQパス」(6,000円、九州内の購入では8,000円)が全九州に対応したもので、高速バスの他、一部の一般路線が3日間乗り放題で10,000円である。

福岡ー鹿児島、福岡ー宮崎といった長距離路線も使えて、お得で、私が長崎に住んでいるのなら、よく使うと思う。
ちなみに、私のおすすめ路線は、熊本ー大分間の「やまびこ号」で高速道路を使うのではなく、一般道の国道57号線行き、長距離なので、高速バスと同じハイデッカー車を使う。
阿蘇山地を眺めながら、九州を横断していくのは、まさに絶景である。

このように、お得なプランを使って、自分ならではの旅を演出するのはいかがでしょうか。

新規開拓

よく、都営バス1日乗車券を利用しているが、都営バス以外も1日乗車券を扱っている会社がある。
そんな訳で、今回は、特に行き先を決めず、行き当たりばったりで行動することにした。

今回は!
DSC00135.jpg

東急バス1日乗車券で世田谷区内を中心に都内をまわる。

続きを読む
プロフィール

TOK2006

Author:TOK2006
埼玉県出身長崎県育ち、現在東京在住の私が自分探しと日本人として日本という国をよく知ろうというコンセプトのもとで旅を中心に興味あること、また新しいことに挑戦していく日々を描いています。

最近、ツイッターを始めました。
旅の模様を中心に自分なりの独り言ごとを書くつもりです。

TOK2006のアンテナ

TOK2006のTwitter

過去の活動
三浦半島をバスで行く1
三浦半島をバスで行く2
環七通りをバスで行く
バスだけで家に帰る
秋のかなちゅう巡り
夏のかなちゅう巡り(09年版)
上信 バスの旅
東京・小田原 路線バス乗り継ぎ旅
小田原から・・・路線バス乗り継ぎ旅
高速バス乗り放題の旅
西日本パスで西日本周遊

路線バス巡り 天北線
路線バス巡り ふるさと銀河線代替バス
路線バス巡り 瀬戸大橋線
路線バス巡り 豊富留萌線


勝手に「乗りバス」リンク集

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。