東京発!冴えない日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寄り道な帰省

IMG_0026_1.jpg


前回、福岡空港を経由しての帰省だったが、今回は新北九州空港を訪れるのと、新空港と同時に開業したスターフライヤーに乗るために東京を発つ。

自分が乗った便は、意外にも時間が良いのか満席で、大半がビジネス客で3列席が埋まった少々きつくも感じる。

IMG_0029_1.jpg


仕事が終わり、退社1時間後の便とあって、慌てながらの空港に着くも、結局飛行機の遅れで羽田出発も遅れて、北九州の到着後もバスの時間の関係であまり見ることがないまま空港をあとにする。

IMG_0030_1.jpg

IMG_0031.jpg


空港から40分で小倉駅に到着、この小倉に降り立つのが一体何年ぶりだろうと思うぐらいの久しぶりに訪れる所である。



さて、今回北九州に降り立ったもうひとつの理由は、ここから18きっぷで、また乗車していない路線をまわりながら帰る事で、その1つである日田彦山線に乗車となる。

小倉駅のホームからひっきりなしに発着するJR九州の車両を見て、九州に帰ってきた実感を持ちながら、行き交う電車とは異彩を放つ、気動車に乗って小倉駅を発車する。

ローカル路線だけに、車内は地元の人ばかり、しばらくは賑やかな街並みが続くかと思いきや、数駅来ると、もう緑に囲まれたローカルムード漂う風景になるが、ここも北九州市小倉南区と言うのだから、意外な感じである。

北九州市を抜けると、かつての筑豊炭鉱が栄えていた頃の町を通り、この路線も貨物輸送があったのだろうか、その名残を思わせる跡が残っている。

列車の終点、田川後藤寺で後藤寺線に乗換え、新飯塚から桂川に降り立った。

IMG_0034.jpg

IMG_0035_1.jpg




IMG_0039_1.jpg


ちょうど、この日の東京は落雷を放つほどの大雨で、それを逃れるかのように九州に上陸したが、逃れてきた甲斐があるほどのこの天気は暑さはあるが、九州らしい天気である。

IMG_0041_1.jpg


この桂川からは、未乗区間の原田線と呼ばれる筑豊本線のローカル部分の乗車、1日7往復しかないので、今まで乗るのが難しかった路線である。

1両の気動車がうねりながら、冷水峠を抜けて30分で原田に到着した。

IMG_0042_1.jpg


ここからは、あとは真っ直ぐ帰るだけ、これから長崎本線に向かうべく、乗り継ぎポイントとなる鳥栖に向かう。

IMG_0048.jpg

IMG_0047.jpg


さて、この鳥栖駅の名物がかしわめし等の駅弁の販売をやっている中央軒の立ち食いうどん、存在自体は昔から知っていたが、口にする機会がなく、今回初めて食してみる。

IMG_0046.jpg


ノーマルな「かしわうどん」を注文、意外にもつゆが濃い目で九州のうどんとは思えない見た目、しかし、かしわの肉と相まっておいしく、290円の値段を考えても、立ち食いうどんとしては非常に良い。

IMG_0049.jpg

IMG_0050.jpg


最後の列車に乗車、これから帰宅ラッシュとなる佐賀県内を通過していくが、折りしも前日に甲子園で佐賀北高校が優勝して、この日ナインが帰ってくるとあってお祝いムードである。

中学や高校生の時は、よく普通列車で旅して鳥栖駅も必ず通ったほど、この界隈は何度も行き交ったが近年は特急であっという間に通過して、こうして、各駅の止まりながら見るのも久しぶりである。

昔は、普通列車での移動はるか長く感じたほどであるが、特急に抜かれず待ち時間がないこの列車に乗っているとそんなことは感じさせず、佐賀・肥前山口をあっという間に通っていく。

佐賀や武雄温泉で帰宅客が多く乗せ、佐賀の通勤風景を見ながら、有田でほとんどの客を降りていった。

IMG_0051.jpg


ガラガラとなった車内は、昔と変わらないまま終点の早岐に到着した。

IMG_0054.jpg


ここから手配していた家の車で帰宅、目的を達成され懐かしさにも浸りながらの帰省となった。


スポンサーサイト

長崎に帰っていました

しばらくご無沙汰しております。

仕事に追われながら、何も予告もないまま長崎に帰省していて、今日戻ってきました。


今回は、あまり取り上げない東京に戻る模様を少し

いつも、長崎から飛行機で真っ直ぐ帰るので、何も意識しないままですが、成されていない事をする為に、まずは以前述べた「Skip」サービス受けようにも手荷物を預ける場合は、通常の航空券を発券しなければならず、荷物が多い帰省時には受ける事はなさそうで、旅行時ぐらいしか使う事がないようだが、これはいつになることやら・・・・

IMG_0181.jpg


もうひとつは、長崎ー羽田線のANA便の一部に国際線仕様機が使われているので、該当便に搭乗するも前回の帰省時は、当日になって国内線用に急遽変更になり、体験することはならず、今回はどうやら大丈夫の様である。

IMG_0182.jpg


前方のスーパーシートになっているファーストクラス席やビジネスクラス席を見ながら、着いた自分の席は普通のエコノミー席であるが、最後尾の席を予め確保していたので、まわりにほとんど人がおらず、これはこれで快適なのである。

順調に飛行して、少し早めに羽田空港に到着するも、大型機とは言え国際線用の特殊機なので、バスでの送迎である。

IMG_0183.jpg


こうして、いつものように後は所沢行きのリムジンバスで帰宅となった。


と言う訳で、帰省での模様や溜まっている旅行記などを順次更新していきます。

ポストキューブを利用してみる

ある日の自宅に帰宅時のこと、郵便受けにゆうパックの不在通知があったので、郵便局に受け取り行こうにも配達車に乗せたままで受け取ることが出来ず、別の日に配達してもらおうと、帰りが遅いので一番遅い時間に指定して、いざ帰ると、着く5分前に来たらしく、また受け取ることが出来ず、不在がちの一人暮らしには厳しさを痛感した。


そこで、思い出したのが地元清瀬駅に設置されている「ポストキューブ」というロッカーのような物。

「ここでゆうパックが受け取れます」と書かれていて、清瀬駅だけでなく、関東の駅中心に設置する所が増えて、見かけることが多くなったが、扱い方等の具体的にどういうものかはわからない。

IMG_0001_1.jpg



早速、ポストキューブのホームページから調べ、会員申し込みの際に住所等の必要事項と携帯電話番号を登録番号として入力、これで会員となって、今度は管理する郵便局にポストキューブに配達してもらう旨を連絡する。

朝に連絡して、「午後に届けます」と言われたので、自分が帰宅するまでには届いている。

届いた旨が、携帯番号と共に登録したメールに届いて、これでひと安心。



駅に着いて、初めて扱うロッカーに少し不安もある。

まず、音声案内に従って、タッチパネルから名前を入力して、示された「070」から始める番号に携帯電話からかける旨を言われる。

登録番号が携帯番号なのはこのためである。
実行すると、指定されたロッカー番号の鍵が解除されて、ようやく荷物を受け取ることが出来た。


IMG_0412.jpg


思いがけない配達でもあり、差出人が会社に人なので、受け取る数日間、中身が気になっていたが、中身は初めて貰うお中元で、これも思いがけないものであった。

ポストキューブ、駅という場所と開いている時間であればいつでも受け取ることが出来るので、一人暮らしのは大きな味方であり、これからもどんどん使いたいが、次にゆうパックが来るのはいつのことやら・・・

たまには近くでも

IMG_0627_1.jpg


北海道旅行が終わり、その後は仕事に明け暮れていたこの夏、夏の18きっぷシーズンを迎えていても使う日がないまま時が経ち、意地でも使おうと近場の房総半島をまわってみることにした。

房総半島をまわるのは7年ぶりで、上京した年以来で、今までより遠くに行きたいと近場という理由からもあるが、何より報道番組で取り上げられるほど問題視された、高校生の車内マナーの悪さを目の当たりにして、行く気がなくなったのが大きな理由である。

今回、時も経ち学校が夏休み期間でもあるので、思い切って出かけることにする。

IMG_0628_1.jpg

IMG_0625_1.jpg


朝の千葉駅は、東京方面への通勤客が多く乗せた列車と同等に内房線の木更津、君津方面の列車がひっきりになしに発車していく光景に、京葉工業地帯への通勤の多さが伺える。

そんな通勤客を多く乗せた列車に、関係ない一人の旅人が混じっている。
旅行の雰囲気でもないので、しばし寝て、目が覚めると

IMG_0629_1.jpg


もう終点の館山かと思いきや、まだ君津・・・・・・
本当に木更津・君津に向かう人だけを乗せた感じで、その先がガラガラで、結局このままの状態で館山まで向かう。

IMG_0631_1.jpg


この時、まだ関東地方は梅雨が明けないまま不安定な天気が続き、千葉地方も前日は大荒れで、一部の路線が乱れたほどで、そんな天気が続く千葉に向かうのも覚悟であったが、今のところは天気に大きな崩れはない。

IMG_0632_1.jpg


館山からの乗り継ぎ列車は、都心からおさがりでやってきたロングシート車で、ついに古いボックス車が目立つ房総にも波及してきた。

それでもガラガラの車内から、まっすぐ向いていれば太平洋を見られるとあって、これはこれで楽なのである。


安房鴨川からは、再びボックス車に揺られて外房線を駆けて行くが、思ったよりほんと人が少ない。

前回の「8000円の18きっぷ」からして、18きっぷシーズンとなれば、それなりに乗っている人がいるかと思いきや、地元客が多く、乗り継いで他の都市に向かう東海道線や東北本線とはまた異なる。

それでも、ようやく外部の客が乗り込んできたのは鴨川出て間もなく、勝浦や御宿からの海水客であった。

皆、帰りの客で、さすがにこの天気では向かう人の姿は見えない。

それに加え、千葉方面に向かうにつれて多くなり、混みだしてきた大網で東金線に乗換え、成東で総武本線で銚子に向かう。

IMG_0635_1.jpg


今度は、成東から特急型車両に揺られながら、相変わらず空いた車両は快適である。

IMG_0638_1.jpg


先ほど、ついに大雨になったかと思えば、場所によっては上がり、雨雲よりも緑々した田んぼが映えている。

今回の房総巡りで一番訪れたかった銚子は初訪問、着いてすぐにさらに乗換えとなる。

IMG_0640_1.jpg


銚子においては、こちらも訪れてみたかった

煎餅?で経営が成り立っている銚子電鉄の様子を見ると、地元客と観光客が混じって、席が埋まっている程度、車両基地を通ると、使われているのかそうでなないのかわからない車両が留置されている。

車両1両を検査するにもやっとの会社だけあって、古い車両ばかりある。

そんな手作り感がある銚子電鉄の沿線を見つつ、終点の外川まで乗車した。

IMG_0642_1.jpg

IMG_0643_1.jpg


このまますぐに折り返そうとするも、しばし時間があるので近くを散策してみることに

IMG_0645_1.jpg

IMG_0647_1.jpg


近くにある漁港に1軒の食堂があった。
昼食に立ち寄ると、漁港らしく刺身定食をいただいて、ただ乗り続けていたこの旅も少しは旅らしくなった感じである。

IMG_0648_1.jpg

IMG_0658_1.jpg


駅舎も車両も共に時間が大きくさかのぼった空間で、そんなアナログな銚子電鉄に

IMG_0652_1.jpg


最近よく見かけるようになった電光掲示板付きの自動販売機、他の駅にも設置されていたが、これに運行情報が掲示されるようで、商売しながら利用するのが銚子電鉄らしい。

IMG_0661_1.jpg


銚子に戻り、佐原方面の電車に乗り換え、普通に千葉をまわって帰ろうにもつまらなく成田で途中下車

IMG_0665_1.jpg

IMG_0664_1.jpg


いつしか、晴れ間も見えて結局は大荒れになることもなく、順調にやってきた。

IMG_0666_1.jpg


最後は成田線で我孫子、常磐線まわりで帰路についた。

全く持って目立ったこともなく、全体的に空いた印象で、たまには近くもいいもんだと思わされた今回の旅であった。

路線バス巡り ふるさと銀河線代替バス

IMG_0168_1.jpg


2006年4月に廃止された「北海道ちほく鉄道ふるさと銀河線」現在は鉄道に代わるバスが運行されており、今回、北海道訪問のメインとして北見にやってきた。

この代替バスは、2つ会社によって運行されており、まずは北見側を担当する北海道北見バスの陸別行きに乗車する。

IMG_0170.jpg


始発の北見バスターミナルに着いて、何気に他の路線を見ていると、あまり乗っている様子がなく、これから自分が乗るバスもそんなものかと思っていたら、ターミナルにいる客の皆が乗ってきて、元鉄道路線だけあって、それなりの利用があるようだ。

北見の中心部を出て、立派な橋に架かった線路が見え、始めは先ほど乗ってきた石北本線の線路と思いきや、これが廃止されたふるさと銀河線の線路、これからこの線路沿いに路線バスの旅が始めるのである。
続きを読む

マイルを見直す

先日、ここで述べた「Edy」を本格的に使い始めて、マイルを貯めることを意識し始めるようになり、改めて見直しながら勉強している。

年2回の帰省と旅行といった比較的飛行機を使う機会があっても、なかなか貯まる訳ではなく、いちよ会員となって5年以上になるが、ここ最近は飛行機に乗るついでと言った感じであった。

ANAのホームページを見ると、よりマイルを貯めるキャンペーンもあり、さっそく入会、これが今までもあったとしたならば損をしていた訳で、乗る以外の貯める方法も改めて見直している。


ちなみに、先日会社関係で飲むことがあって、マイルが貯められるお店だったので会計時に積算をお願いすると、まとめての支払いで羽田ー長崎片道分のマイルを貯めることが出来、思わぬ臨時収入に飲んだことよりもそちら方で満足であった。

こういうチャンスはあまりないが、こうやって地道に特典航空券を目指して、以前よりやる気を出して貯め続けます。


そういう訳で夏の帰省の日程が決まり、当初新幹線も考えましたが、結局、往復の全日空を手配

今回から、「Skip」も使い始めようとこちらもあれこれ調べて、たった1、2秒の行為の為に楽しみしている日々です。

ただ、復路が長崎から羽田へと「Skip」利用だが、往路は使えない空港に降り立つので、片道分しか使えないのが残念である。


そういえば、来年度中に航空券を廃止して「Skip」に統一する動きで、こんな記事もあったが、マイレージ会員以外も利用するので、理解してもらえるのか考えてしまう。
プロフィール

TOK2006

Author:TOK2006
埼玉県出身長崎県育ち、現在東京在住の私が自分探しと日本人として日本という国をよく知ろうというコンセプトのもとで旅を中心に興味あること、また新しいことに挑戦していく日々を描いています。

最近、ツイッターを始めました。
旅の模様を中心に自分なりの独り言ごとを書くつもりです。

TOK2006のアンテナ

TOK2006のTwitter

過去の活動
三浦半島をバスで行く1
三浦半島をバスで行く2
環七通りをバスで行く
バスだけで家に帰る
秋のかなちゅう巡り
夏のかなちゅう巡り(09年版)
上信 バスの旅
東京・小田原 路線バス乗り継ぎ旅
小田原から・・・路線バス乗り継ぎ旅
高速バス乗り放題の旅
西日本パスで西日本周遊

路線バス巡り 天北線
路線バス巡り ふるさと銀河線代替バス
路線バス巡り 瀬戸大橋線
路線バス巡り 豊富留萌線


勝手に「乗りバス」リンク集

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。