東京発!冴えない日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バスの話題あれこれ

最近、高速バス分が不足しているので、それに関する話題でも・・・・


「スパライナー草津の廃止」
一番乗りたかった路線が今月いっぱいで廃止することになった。
草津温泉につかって、それから名古屋でもと考えていたが、それがもう出来なくなる。

路線も草津から上田まで山道下って、それから高速という形で見所も多かっただけに残念である。



東京から出る高速バスで今一番熱いのが、静岡系統

沼津・富士宮・清水と静岡県内各地に路線を増殖したと思っていたら、今度は新宿発着系統も開設されて、駿府ライナーでは、しずてつの車が東京に姿を現すようになり、渋谷・新宿ライナー浜松号では、京王バスを昼間に東名を走って、静岡に向かう姿が見られるようになって、様変わりをしてきている。


最近、高速バスとフェリーを組み合わせたプランが出てきており、東京から札幌東京から宮崎と運賃面では大変魅力ではあるが、時間が相当取られるので、なんとも言えない。

そんななかで、最も使えそうなのが「渋谷・函館きっぷ」
9月から就航始めた新型フェリーとの組み合わせたプランで、青森・函館間を特急白鳥と変わらない1時間45分で結ばれるとあって、函館に昼前に到着出来る。
この新型フェリーと青森までの「ブルースター号」のバスも良さそうなので、併せて乗ってみたい。

とここまで高速バスの話で、今回これで終わりにしようかと思っていたら、話題が続々と出てきたので続ける。

Nagalog3さんでも紹介されているが、JR久留里線の終点の上総亀山と安房鴨川を結ぶ路線が運行形態を変えることになり、直通バスがなくなる。

久留里線の乗車の抜け道ルートとして、以前から考えていたが、非常にショックである。
ちなみに、私からこんなルートをあることを知った会社の後輩が乗車したら、終点の安房鴨川まで乗車したら、貸切状態で運転手に案内してもらいながらだったらしく、そんな話にますます行きたい欲が沸いていたので、千葉をまわるならそちらにすればよかったと後悔している。


「長崎・狭隘路線めぐり」
長崎バスでも特に狭いとされる路線を取り上げている。
記事中でも書いているが、長崎では当たり前の光景で、車を運転していて大型バスに出くわしても怖くなく、道を譲って運転手にお礼をされたら気持ちいいもの

それにしても、狭い道あり、路面電車ありと長崎市内は運転しづらい所だと言われるのがよくわかる。


「パスモ・スイカ、バス運賃箱への近づけで誤引き出し」
日常の光景で気になっていたが、やはり問題になっている。
自分も、いずれのカードを財布に入れているが、バスカードを使う際に近づけないように気をつけているが、小銭を出そうとして財布を読み取り機に近づけている人を見ると気になるようになってきた。

反応は良すぎるのか、支払い時でもない混んだ車内において、近くに立っているだけでも起きるようなので、気をつけなければならない。


今年の記録的な猛暑で、出かけるのを渋っていた日々も秋となり、バス乗りにも良いシーズンであるので、再開したいと思っている。
スポンサーサイト

やきそばを求めて

IMG_0003_1.jpg

だいぶ時が経っているが、これはかれこれ1ヶ月前の8月の週末、千葉に続いて、18きっぷで行く近場の所を探し続け、その結果2年ぐらい乗っていない身延線をメインにまわることに決まったが、それならと全国的にも知られてきている「富士宮やきそば」の試食も兼ねて向かうことにした。

IMG_0002_1.jpg


身延線だけでは時間があるので、よくセットかのように並行して乗る御殿場線から

IMG_0004_1.jpg


格好を見ると、ハイキング姿の客が多く、川に泳ぎにでも行くのか子供達の一行も見られるなど夏ならではの姿、国府津から混んでいた車内も御殿場で一気に入れ替わり、全線に渡って乗車率は高い。

IMG_0007_1.jpg

IMG_0008_1.jpg


今回の目的地である富士宮に降り立つと、早速「やきそば」に関するお土産物が見受けられる等、地域最大の売りにしているようで、駅前から出ている東京駅行き高速バスも「やきそばエクスプレス」という名称になっている。

IMG_0010_1.jpg


市内の到る所にお店があるので、特に店に関する下調べはせず、散策を兼ねて市内を歩きまわり・・・・・

IMG_0011_1.jpg


そこで見つけた1軒の店に入ると、お店の人曰く「特等席」だと言う目の前に鉄板がある席に案内される。
この日は曇りで連日の猛暑の最中において、貴重な涼しい日であったので、幸いである。

IMG_0012_1.jpg

IMG_0013_1.jpg


目の前で焼かれる姿をみながら、出されたやきそばは、富士宮やきそばの特徴である削り節がかかり、刻んだキャベツが多くかかっているので、具沢山でおいしい。

お好み焼きのお店とあって、そちらのメニューが多いので一緒に食べたいものだが、今日はやきそばをはしごするつもりで来たので我慢して、お店を跡にするが、その後、別のお店に入るもお昼の営業時間が終了などで食べられないまま、結局、駅改札前のお店を2軒目とした。

IMG_0015_1.jpg

IMG_0014_1.jpg





IMG_0017_1.jpg


目的のやきそばを終え、旅の続きとなるが、来た電車は路線にふさわしくないロングシート、風光明媚な景色を見られないどころか、これから2時間半あまりこれに揺られるのはきつい。

IMG_0018_1.jpg


それでも、富士川を見られる側の席のつくも、ローカル線の割には駅間が短く、こまめに停車する身延線においては、なんだか私鉄路線でも乗っているような雰囲気である。

IMG_0019_1.jpg

IMG_0020_1.jpg


だったら、長時間停車する駅の外に出て、空気でも吸いたいもので、こうしてハズレの部分もあったが、きちんと目的があって、それが達成出来れば、それはそれでいいもので、次いつ来ることになるのか考えながら身延線の旅は終了した。

IMG_0022_1.jpg

IMG_0025_1.jpg


中央線は、すぐに乗る機会があるので、せめて違うルートでもと、甲府から河口湖までバスで行って、未乗の富士急行でもと考えたが、暗ければ意味ないと、まっすぐ家路に向かうのであった。

路線バス巡り 風頭山線

IMG_0077.jpg


長崎県下を代表するバス会社、長崎バス

県庁所在地の長崎市全域をカバーし、坂の町長崎を駆ける長崎バスの路線から風頭山を取り上げる。

始発となる「立神」は長崎市中心部から一歩郊外に行った雰囲気でまわりは造船の町の象徴かのようにドックに囲まれた町

始発を出たバスは、三菱長崎造船所の最寄りとなるバス停を通過、朝・夕はこの通勤者用に多くのバスが運行される。

このドック群という長崎を象徴する風景を見ながら、中心部に向けて道幅も広くなるが、ここでも「電機前」(三菱電機)「三菱研究所」と言った三菱関連の施設を通る。

三菱の企業城下町でもある長崎、関連施設がこの界隈に集約している。

やがて、浦上川に架かる稲左橋を通過し、中心部の長崎駅前や市役所等の官庁街を通り、長崎一の繁華街の浜の町へ

ここから買い物帰りの人や学生等の多くの乗客があり、繁華街を後にする。
併走している路面電車も終点の正覚寺下で別れると、ここからそれまでの2車線道路も終わり、雰囲気一変、上り坂の道を進むことになる。


このあたりから、降車する客が現れ、坂の町に住む人には欠かせない生活必需となっているバスの本領発揮となる。

これから向かう、風頭には修学旅行の御用達のホテルもあり、必ずしも地元の人だけ使う路線ではなく、外部の人も使うとあって初めて乗った人には驚いてしまう道を通り、さらに追い討ちを駆けるかのように道幅が狭く急カーブの道となり、しまいにはバス同士の離合もあって、なかなか気の抜けない雰囲気である。(これらのシーンはこちらで

バス同士、スレスレとすれ違うことは、もはや当たり前の光景であり、長崎の人はなんとも思っていない。

そんな一苦労も終わり、バスは愛宕地区に入るも乗客は一向に減る様子もなく、このまま終点の風頭山へ

IMG_0080.jpg


観光ホテルや学校もある風頭山で多くの客の乗せてきたバスから降りるとそこは長崎の中心部を見渡せる山の上の住宅密集地帯で、これぞ長崎という風景であり、近くに風頭公園等の観光地もあり、是非とも観光客に利用してもらいたい路線である。

IMG_0082.jpg



※尚、今回利用したのは系統番号「50」の風頭山行きであり、「70」だと全くの別ルートなので、注意してもらいたい。

九重夢大橋

車で県外へドライブ・・・・・と言うことで大分方面へ

IMG_0146.jpg


たまたま道端で出会った牛の群れはどうやら豊後牛である。


IMG_0149.jpg

IMG_0179.jpg

IMG_0151.jpg


山あいの道を走り続け着いたのが、今回の目的地の九重町にある「九重夢大橋」
昨年のオープン以来、多くの人で賑わい、九重町最大の観光名所になった。


IMG_0153.jpg

IMG_0156.jpg


早速、渡るにも多くの人が連なるので、ゆっくりゆっくり

IMG_0157.jpg


橋の部分は、全てに渡ってこのように透けた部分もあるので、否応にも下が見えてしまう。

IMG_0168.jpg

IMG_0165.jpg


長さ390m、高さ173mのいずれも日本一の吊橋から見る眺めは、絶景で、吊橋なので揺れもあって人混みでなくてもゆっくり歩きながらの移動、それでも高所恐怖症の身なのに、東京タワーや九重夢大橋が出来る前の日本一吊橋だった宮崎県の「綾の照葉大吊橋」などの高い所を行き続けた結果、そんなこともいつしかなくなり、あまり気にすること渡れる。

それでも、渡れなくなった人の為に橋の途中に係員が配備されたり、渡った先から出発点まで送迎するバスまで用意されているほどである。

IMG_0176.jpg

IMG_0174.jpg


九重連山の山を眺めながら、15分かけて渡りきるのはさすが日本一であった。



IMG_0139.jpg


こうして、天気の恵まれた今回の帰省は懐かしさもあり、再発見もあり地元九州の良さに触れた日々であった。

長崎観光記

長崎に帰ってきた時には、車を使って行動するのが基本で、歩いたり公共交通機関を使って市内をまわるのをやっていなく、久しぶりにやってみたいと帰る前から思っていた。

そんな折に、たまたま同じ会社の人が観光の為に長崎を訪れると言うので、観光案内がてら自分も観光客気分になって、街をまわろうと思う。


まず、その為に路面電車の「1日乗車券」を購入、どこまで乗っても100円の運賃である長崎の路面電車において、高校生の時は定期券を所持していたこともあって、今回「1日乗車券」を初購入となる。


IMG_0056.jpg


ちょうど、路面電車の最新車となる低床車両がやってきて、こちらも初乗車で最初の目的地へ向かう。


続きを読む
プロフィール

TOK2006

Author:TOK2006
埼玉県出身長崎県育ち、現在東京在住の私が自分探しと日本人として日本という国をよく知ろうというコンセプトのもとで旅を中心に興味あること、また新しいことに挑戦していく日々を描いています。

最近、ツイッターを始めました。
旅の模様を中心に自分なりの独り言ごとを書くつもりです。

TOK2006のアンテナ

TOK2006のTwitter

過去の活動
三浦半島をバスで行く1
三浦半島をバスで行く2
環七通りをバスで行く
バスだけで家に帰る
秋のかなちゅう巡り
夏のかなちゅう巡り(09年版)
上信 バスの旅
東京・小田原 路線バス乗り継ぎ旅
小田原から・・・路線バス乗り継ぎ旅
高速バス乗り放題の旅
西日本パスで西日本周遊

路線バス巡り 天北線
路線バス巡り ふるさと銀河線代替バス
路線バス巡り 瀬戸大橋線
路線バス巡り 豊富留萌線


勝手に「乗りバス」リンク集

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。