東京発!冴えない日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運転免許更新

IMG_0585_A.jpg


前回の更新から早くも月日が経った2回目の免許更新の話(大田区の鮫洲運転免許試験場において)


運転するのが長崎に帰った時の年間10日ぐらいしかしないおかげで、優良免許(ゴールド)に指定されて、講習も30分程度なので仕事明けでも負担がなく、ちょうど帰り道の鮫洲に足を運ぶ。

係員から指定され、テキパキと申請やらやるべき事を済ますが今年1月から新たに暗証番号の登録も必要との事で2種類の番号を登録、今後、金融機関等の申請で必要になるようで、2種類もあるので忘れた時が心配だが、その時は免許センター等で確認して、教えてもらえるようだ。

申請が全て終わったところで、免許証が出来上がるまで講習だが、受ける人々を見ると、なんだか人良さそうな感じの人ばかりと言うのか、優良なのでそういう人が多く見受けられる。

ちなみに、違反関係等を見ると、見た目から運転が荒らそうに見える感じの人がおり、こうして一定の時間をただ自動車運転免許を持っているだけの人々が、同じ空間で共有している日常なのか非日常なのかよくわからない時間を過ごしている。

講習の方では、この10月から施行された「緊急地震速報」に関する注意点が新たに加わり、予報装置が搭載されたカーナビもあるようで、速報が流れた際に対応点が述べられた。


教本によると、東京では大地震発生の際に、23区内の主要道路の全面通行禁止と周辺市町村の道路も他の地域からの車の流入禁止が措置が取られていて、これが東京での車の運転の際に注意すべきところ。

運転免許はこちらの教習所で習って、本試験を長崎県大村市の運転免許試験場で受けたが、教習の際にまわりの人が苦慮していたのが、「黄色の矢印信号」の理解

教官も説明に一苦労しているようで、例を挙げるなら「都電荒川線」と言っていたが、こちらも一部にその信号があるぐらいで、なかなか関東の人が運転していて遭遇するものではない。

一方で、長崎市内を見ると、そんな光景は日常の光景であり、この時ばかりは長崎人で得したと思えた瞬間であった。


そんな訳で、きっちり30分で講習が終わり、出来上がりのゴールド免許証の写真のいまいちさに溜め息をつきながら見ていると、「あれ本籍地の表示ない」

と、聞いてみると「本籍地だけはIC部分に入っている」と言われ、納得して帰宅となった。


次の更新は5年後、それまで免許証に傷をつけないよう安全運転に心がけます。

ちなみに、仕事上、気動車が運転できる「甲種内燃車」免許を今年取得したが、これは取ってからは全く更新する必要がなく、今年撮った自分の写真が50、60歳なろうがそのまま使い続ける、いささか不思議な免許証で、世の中にはさまざまなタイプの免許があるもんだ。


スポンサーサイト

経競値

先日紹介した経県値において、ナバDASさんNagalog3さんから反応がありました。

皆さん、日本列島が色に染まっていて、経県値がはるかに高いことを思い知らされ、自分も少しずつ染まるようにしたいですが、同時に全都道府県制覇もしなくてはなりませんね。


さて、経県値を見ていて思い出したのが、自分にはもうひとつ全国にある競馬場も制覇したいということである。

基本となるのが中央競馬の競馬場で、まず中央競馬の競馬場を説明すると、北から札幌・函館・福島・新潟・中山(千葉)・東京・中京(愛知)・京都・阪神・小倉の全国10ヶ所にあり、関東の大井や川崎、九州の佐賀や荒尾は地方競馬場と言う。


経競値でも言うのか現時点の内訳を見ると

訪問・・・・・・東京、中山、福島

通過・・・・・・札幌(JR札沼線乗車中)
        
        函館(函館市電乗車中)
 
        京都(京阪・淀駅から)

        小倉(西鉄バス乗車中)

未訪問・・・・・新潟、中京、阪神


という感じで、出来るならこちらも少しずつクリアしていきたい。

特に行きたい所はないが、どうしても行くなら3月に開催される中京競馬場

この期間に「名鉄杯」と言うレースが行われる。
名前のとおり、競馬場近くを走り、多くの来場者の足となる名古屋鉄道が協賛して行われるが、一風変わっているのが有名な馬が出るような強い馬を決める訳でもない、クラスとしては高いレースでないのに専用のファンファーレが用意されて、しかも名鉄のブラスバンド部による生演奏であること。

曲の内容は、電車で使われている「ミュージックホーン」
これがファンファーレとして流され、これを聞くために名鉄杯当日に訪れる人も多いとか

その前にまともにミュージックホーンを聞いたことがないので、そこからしないといけない。

上信 バスの旅

IMG_0220_1.jpg


今回もかれこれ1ヶ月前の旅の模様
夏の18きっぷのメイン旅行として、バス乗り継ぎ旅をしながらまわるということで、早朝の高崎線を下り、初めて乗る吾妻線へ

IMG_0218_1.jpg


通勤ラッシュの人混みを抜けて、自然も多くなったところで旅らしい雰囲気となり、山の方へ向かって走る。
吾妻線の名物である日本一短いトンネルも確認することが出来、列車の終点である長野原草津口に到着する。

続きを読む

経県値を見る

経県というサイト内にある「経県値」


結果を見ると、人並以上には全国を訪問しているが、どうしても真っ白部分の四国が気になるところ

毎年毎年、「今年こそ行かなければ」と言いながら、結局は行けずじまいで今年もそうなるのが確かである。


そう言い続けないように、来年早々には行く計画を立てている。
愛媛・松山に姉夫婦が住んでいるが、転勤族で春ぐらいには四国を出るかもしれないと言っているので、なおさら早めに実行しないといけない。


結果に戻ると、歩いた県が多く、いかに列車等の移動だけで済ませる自分の旅スタイルがわかり、まだまだ深く訪問していない数多くある。

全都道府県制覇と日本地図を真っ赤に染まるぐらいにしたい。


ちなみに、神奈川県も「泊まり」の真っ赤であるが、別に行楽とかではなく、仕事で週2.3回泊まっているということである。

秋の東京競馬場

IMG_0494_A.jpg


秋開催が始まった東京競馬場

意外にもここに、長崎生まれのものがあるらしい。

それが、これ・・・・・・・・・・・



IMG_0491_A.jpg


場内でも一際目立つ、「ターフビジョン」と呼ばれる大型スクリーン


IMG_0484_A.jpg


三菱電機長崎製作所製の世界最大規模の大きさでギネスにも認定されている。

この他、東京においては東京ドームや新宿のアルタのビジョンも同じ所で作られ、長崎生まれである。



最近、競馬場内において気になる物を見つけた。

それが、これ・・・・・・

IMG_0508_A.jpg


その名も「大穴ドーナツ」

これを食べて、大穴を取りたいところだが思うようにはいかず、世の中そんなに甘くない。


そんな訳で、これから秋競馬真っ盛りの東京競馬場は、ますますの賑わいを見せることだろう。
プロフィール

TOK2006

Author:TOK2006
埼玉県出身長崎県育ち、現在東京在住の私が自分探しと日本人として日本という国をよく知ろうというコンセプトのもとで旅を中心に興味あること、また新しいことに挑戦していく日々を描いています。

最近、ツイッターを始めました。
旅の模様を中心に自分なりの独り言ごとを書くつもりです。

TOK2006のアンテナ

TOK2006のTwitter

過去の活動
三浦半島をバスで行く1
三浦半島をバスで行く2
環七通りをバスで行く
バスだけで家に帰る
秋のかなちゅう巡り
夏のかなちゅう巡り(09年版)
上信 バスの旅
東京・小田原 路線バス乗り継ぎ旅
小田原から・・・路線バス乗り継ぎ旅
高速バス乗り放題の旅
西日本パスで西日本周遊

路線バス巡り 天北線
路線バス巡り ふるさと銀河線代替バス
路線バス巡り 瀬戸大橋線
路線バス巡り 豊富留萌線


勝手に「乗りバス」リンク集

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。