東京発!冴えない日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

路線バス巡り 入船橋循環

IMG_0035_A.jpg


神奈川県川崎市は、今まで名前だけはよく知っていても全くもって縁のない地域であったが、就職し赴任してから私の日常と切っても切れない関係の所になった。

今回はそんな川崎市を主体に走る臨港バスの川29「入船橋循環」を取り上げる。

IMG_0032_A.jpg


そんな川崎と関係を持って5年経とうとしているが、川崎駅東口のバス乗り場は今だに乗るのが苦慮する所であり、地下街から乗り場へ上がろうとするも複数ある路線に、さらに飲食店などで建て混んでいる地下街は時に迷路にもなりそうなくらいの空間に日本一わかりづらいバス乗り場だと自分で思ってしまう。

普段、バスを使う身ではないので、乗り場を調べて午前9時以降に使用される2番乗り場へと階段を上がる。

IMG_0008_A.jpg


臨海部に向かう路線とあって、長距離路線ではないけど、通い慣れた地域でもあり散策しながらいっぱい写真を撮った結果、長編版となりましたので後に続きます。

続きを読む
スポンサーサイト

銀河鉄道に揺られて

IMG_0039_A.jpg


きっかけはバスいこブログさんの4月7日付の記事

私が住んでいる清瀬市の隣、東村山市にバス好きが高じて作られたバス会社があることを今回初めて知り、しかも自社による一般路線バスを開設するということで、新路線の試乗も兼ねて行ってみた。

      
IMG_0036.jpg


西武新宿線東村山駅、東村山市の玄関となる駅なのだが、西武バスが1路線、あとは東村山市が運営する「グリーンバス」が複数あるぐらいで、実質の東村山中心はお隣の久米川駅となっている。

IMG_0037.jpg


4月16日に開業したばかりの銀河鉄道「青葉恩多線」は新規ということもあるのか、駅のロータリーから1歩出た所にバス停があり、新参者という立場での宿命かと思ってしまうが、既にこの会社は路線バスでは「グリーンバス」の運行を西武バスと共同で行っており、今月初めに初の自社路線「小平学校線」を開設して、続けてこの路線を開設した運びである。

IMG_0038.jpg


15分おきと本数としては申し分ないが、まだ知れていないのか待つ客は自分だけでバスが到着した。

IMG_0040.jpg


ちょうど運転手交代とあって2人の運転手がやりとりして、ここが起点だというのがわかるが、バスだけの会社なのに「銀河鉄道」という社名をつけたのには、社長の会社への夢があるようだ。

IMG_0041_A.jpg


結局、乗客は自分だけで発車し東村山市内を駆け抜ける。
今回の試乗は、バス会社だけでなく路線そのものにも興味があり、今までバス空白地帯を通るとあって、いくら隣町でも初めてのところばかりで、近所とは思えない新鮮な光景である。

IMG_0042_A.jpg


このあたりでは、もはや不思議ではない、のどかな光景を見ながら東村山市の公共施設を通り、小型バスが示すように大型バスではきつい住宅街を抜けていく。

東村山市内だけを通る路線というわけではなく、路線の最東端で東久留米市の下里地区に入り、再び東村山市憩いの公園を抜けて、東村山駅にたどり着く循環方式となっている。

IMG_0044.jpg

↑柳泉園(りゅうせいえん)グランドパークにて


駅から駅へと1周するのに25分かかり、それでも全線170円均一の運賃と運転手の対応がしっかりしている手作りのバス会社による路線に、これからも応援していきます。

関連記事

銀河鉄道(Wikipedia)

東京ママスターHP

関東バスなどの「ゼッケンバス」と呼ばれる全面広告を手がける東京ママスターのホームページ(音量注意)がおもしろい。

今までのゼッケンバス広告集や地域宣伝などの多彩であるが、そのなかのママスターテレビ(同上)3chにある「バスアナチャンネル」がおすすめで、関東バスと小田急バスの車内放送を担当している声の主の方々がトークを繰り広げて、こういう仕事ならではのエピソードが聞ける。

所属事務所があるので、結婚式の司会などの依頼が可能であるが、ならば声を担当するバス会社のイベント司会をすれば盛り上がるのではないかと思ってしまう。

この時期の特有?

    「新人の集中乗車でダイヤ乱れ 首都圏で相次ぐ」


今月に入って、主に朝通勤時のダイヤが乱れる事がたびたびありまして、このような理由に付け加えて人身事故や機器類の故障でさらに遅れが増大する事になりまして、自社線ならまだしも、それに伴う振替の影響で他社線にも影響が出てしまい、それを使っている身としては非常に迷惑を被ってしまいます。

特に週明け月曜日というのは、休み明けの出勤で体調を崩す人が出て、その上雨が降ると普通に遅れが生じるので、雨が降った先週月曜日は各社一斉に遅れていました。

会社入って通勤するようになって5年、いちようのパターンはわかってきましたが、今まで運が良かったのか大きな乱れ、とりわけニュースでも出る駅間に車両が止まって缶詰になるようなきつい体験は今のところないので、これからのきつい通勤人生がいいように送れるのを願うばかりです。

一番願うのは、痴漢に間違われないことですけど・・・・・・・・・


この時期の新人乗車で思い出すのが、全国共通なのか長崎でもそんな事があったなということ。

路面電車で通学して、4月の時期は新1年生がの姿が朝早くからあり、早めの電車に乗ってもいつもより混雑して、ようやく5月に入って通常の感覚に戻る事が毎年あった。

慣れないうちは、1人より複数での通勤・通学もあり、それが固まって集中するのでしょうけど、これも時間の問題と思って過ごすしかないです。


また平日が始まります。今週も頑張っていきましょう!

1回限りの春の旅

IMG_1690.jpg


昨年の福島を中心とした春の18きっぷの旅とは打って変わって、今年はおとなしく過ごしていたこの日常、出かける計画がない訳でもなく、ただ日程が合わず予定崩れになってしまい、時間だけが過ぎていたが、これもなにかの縁なのか最終日の4月10日が休日になって1回分だけのきっぷを手に入れて無理やり出かけるようなもの。

行程を散々考えた挙句、久しぶりに見たい風景もあって長野方面にまわろうとするも18きっぷの強みで出発直前に当初の行程を変えてしまうが、これが後に運命をもたらすとは思いもせずに出発する。

始発に乗って、いつもの新秋津駅からJR線がスタートするが、早朝待つホームは仕事と違って清々しく、朝らしく「コケコッコー」のBGMも聞こえてくる・・・・・・・・・・・・

「ん!?これBGMじゃなくて本物の鶏の鳴き声、いくら郊外だからって、住宅街でよく飼っているな」と早起きすれば気付くことだってある。
続きを読む

2008年 桜

IMG_1681.jpg


全国でもトップをきる満開となった今年の東京の桜

それだけ散りゆくのも早いとあって、最後の桜を求めて中野区の江古田2丁目へと足を運ぶ。

IMG_1686.jpg

IMG_1685.jpg


新青梅街道上にかかる桜のアーチをまたいで走る関東バスの「中41」系統

IMG_1684.jpg


京王バスは中野と練馬を結ぶ「中92」が走り、都営バスは池袋から来る「池65」が走るそんな3社が往来するバス街道でもある。


IMG_1687.jpg


IMG_1688.jpg


満開の咲いた頃にたまたま通りかかり、その頃に撮影しておけばと後悔しているが、ちょうどこの日が入学式だったのか親と一緒に歩く新1年生が印象的であった。

またこの光景は来年までお預け、新たに桜街道を発掘していきたいと考えております。




話変わりまして、昨日の日本テレビ系「秘密のケンミンSHOW」で長崎バスの運転テクニックの凄さが紹介されたとかで、こちらにもそれに関する検索で訪問された方もいます。
残念ながら、そのコーナーの放送後に出先から帰宅しまして、見る事が出来なかったのですけど、長崎の凄さが全国区になればそれでいいかと思います。

春の強歩期間 隅田川を歩く

IMG_1642.jpg


先のエントリーで書いているとおり、この春は歩きに徹した巡りをしようと街に繰り出すのだが、そのなかでいつも電車やバスから見る隅田川の光景に目がいき、川沿いに遊歩道が在ることから、第一回目は隅田川を舞台にひたすら川沿いに歩いてみる。


IMG_1631.jpg


ただ、歩くことが目的なので、川の基点とかそんな細かいことを考えずにスタート地点を考え、浅草橋から上流に向かって進んでみることにする。

IMG_1637.jpg

IMG_1633.jpg


川に出ると、早速遊歩道がある。
続きを読む

未公開集から

DSC09995.jpg


特に書くネタもないので、かつて撮り溜めた写真を引っ張りだしてみる。

これは2005年に行った北海道でのシーン
この時は富良野・美瑛を中心にまわり、これ以来続く夏の北海道旅行は今年の候補地をただいま検討中で昨年行った「ばんえい競馬」もまた見たく、いろいろプランを出しながら行程を作成中である。

DSC00003.jpg

↑富良野市街

DSC00018.jpg

↑美瑛

DSC00008.jpg

↑線路脇にあるJRの看板

続いて・・・・・・


IMG_1561.jpg


先日の梅ツアーで都営バス青梅支所に訪れた時のもの

普段なかなか見ることがない青梅仕様のバスに「後のり」表示が新鮮に見えるいすずエルガ
と言いたいところだが、同じ顔に見えてもこちらは日野車で一つ目ライトがその目印となっている。


あまりシリーズ化する気はありませんが、ネタがない時はこのように陽の目を見ることが出来なかった写真を中心に未公開集として出していきます。


ようやく体調も戻ってこれからですけど、4月から新たな仕事をすることになり、ペースがいつもどおりではなく、他サイトの皆さんも季節の変わり目で体調を崩されたり、異動等で新しい仕事による忙しさを見ると人事のようには思えず、それでも他サイトの活動を見て自分自身と自ブログに励みを与えてくれるので、新年度以降も宜しくお願いします。

ついに発表

IMG_1628.jpg


この春における各地での廃線と新線開業に話題が挙がっていますが、自分が最も気になる東京メトロ「副都心線」開業におけるダイヤの概要が発表された。


      東京メトロ       
      
      西武鉄道


池袋~渋谷間が急行運転で11分というのは以前から発表されていて、結局地下鉄だから前を走る各駅停車に追いついたノロノロ運転かと思いきや、東新宿に待避線を設けているようで、JRを意識した急行運転に気合を入れているようだ。

一番気になる西武線内でのダイヤは、副都心線への直通を朝ラッシュ1時間6本と10分おきの運転と考えれば予想以上の本数で、日中も1時間4本ではあるが、現行の西武・東武のいずれかから来た新木場行きと新線池袋行きを小竹向原で連絡するように、新木場行きに乗っても和光市や東武東上線から来た渋谷行きに乗り換えられるのだろう。


この副都心線の開業における定期券の区間変更を現在検討中で、乗り換え無しで渋谷まで行ける事が魅力ではあるが、かと言って時間が早くなるとは限らず、新宿で降りる時にはJRではない所で離れてしまうし、早朝から夜遅くまで運転されることを考えると、西武池袋を使う今のルートが一番ベストではあるが、とりあえず開業後にお試し通勤をしてみるつもり。


朝通勤御用達の快速電車が西武池袋から渋谷行きに変われば、通勤準急が練馬停車になったりと西武池袋に行くのが大変になりそうな予感もある。


ともあれ、清瀬始発の電車があるように清瀬から渋谷行きなんて今まで考えられなかったルートが出来る訳で近年での一番大きな改正となります。


東武東上線では「TJライナー」という座席指定列車が出来て、こちらも大きな改正となります。



東京メトロ「副都心線 縦断」(専用サイト)

新年度を迎えて

4月になりました。
今日付けで入社する新社会人の晴れ姿を目撃しながら、何も変わらない生活を送っており、天気も良くて桜も綺麗なので、お出かけしたい気分ではありますが、熱が出てフラフラしながら家に閉じこもっています。

今冬、風邪もひかず体調を崩すことがなく、会社補助で受けたインフルエンザの予防接種の効果もあるのかと考えて春を迎えた瞬間にこれですから油断は出来ません。

おかげで、4月1日はあの日だということを忘れて、その関連記事を事実かのように受け取る場面もありました。


私のなかで4月1日と言えば、上京した日
今日で長崎を離れて8年となりました。

「ミレニアム」の言葉も懐かしい2000年に来て、来る前は不安が大きかったのが、来た瞬間から楽しみの方が大きくなって、早速引っ越してきた今の地元である清瀬を自転車で散策したほどで、昔から出かけるのが好きな性格が幸いして、この年数まで生活しています。

一方では、今年も東京にいたのか思いもあり、学生生活を卒業したら長崎に帰ろうと思っていた予定がこっちで就職が決まれば大きく変わるもので、それでもいつの日か、ここが「長崎発!冴えない日々」もしくはそれ以外の地域になる事を考えながら、今の生活でしか体験出来ない事をたくさんやりたいと思います。

このまま湿った感じで終わるのもどうかなので、春の気になる事でも・・・・・

  「静岡井川線の運行のお知らせ」(しずてつジャストラインより)
しずてつジャストラインの静岡井川線が定期運行としては5月いっぱいで廃止され、これからは自治体管理で運行される。

かつて、大井川鉄道に乗りに行く時に井川駅まで乗車した事があり、大型バスでは非常にきつい狭さと断崖絶壁な道にガイドとして乗車していると思った添乗員が実はそんな道の為に誘導する係というツーマン運行に非常に驚いた路線であったが、6月以降はワンボックスカータイプで運行されるようで、大型バスで体験出来た事もなくなるが、夏期は臨時でしずてつバスによる運行はされるようである。

静岡から井川まで2時間半の所要時間でそれでも同じ静岡市でありながら、1日1往復なので井川の住民が市内の病院に通うのに2泊3日かかるところが、考えられないところだが、1日2往復になる予定である。

  「羽田京急きっぷ発売」(長崎バス公式サイト)
長崎空港からの県営・長崎バスのリムジンバスと京急の意外な組み合わせだと思ってしまうが、これ以外にも小松空港の北鉄バスや熊本空港の産交バスとの組み合わせもあるようで、全国の空港に京急の券売機があるように、これからは空港バスに販売を拡大させる京急の施策が感じられる。

京急の駅員をやっている友人の話によれば、結構利用している人が多く、きっぷの特性上、自動改札を通過する事が出来ず、有人改札での対応に追われているようだ。

  「高速バス乗り放題きっぷ」の発売について
各地で話題になっているこれ、今一番悩んでいる最中の物です。
6日間でこの値段は非常に安いですが、連続6日間となると乗るのに疲れるし、それよりかそんな時間が取れないのが難点で使うなら3日程度、18きっぷみたいトータル6日だったら、休みごとに使えるのになと思ってしまう。

2000枚限定なので、売り切れたらあきらめは早いが・・・・・



この春は歩く旅も考えており、通年花粉症できつかったこの時期が症状がなくなったことで、実行しやすい。
本当に花粉症の症状がほぼなくなったのが不思議で、ここ2日ほどクシャミで出て、ようやく症状が出てきたと思いきや、それが今回の熱にまでいたる風邪だったとは・・・・・
まずは、体調万全になってから行動に移します。
プロフィール

TOK2006

Author:TOK2006
埼玉県出身長崎県育ち、現在東京在住の私が自分探しと日本人として日本という国をよく知ろうというコンセプトのもとで旅を中心に興味あること、また新しいことに挑戦していく日々を描いています。

最近、ツイッターを始めました。
旅の模様を中心に自分なりの独り言ごとを書くつもりです。

TOK2006のアンテナ

TOK2006のTwitter

過去の活動
三浦半島をバスで行く1
三浦半島をバスで行く2
環七通りをバスで行く
バスだけで家に帰る
秋のかなちゅう巡り
夏のかなちゅう巡り(09年版)
上信 バスの旅
東京・小田原 路線バス乗り継ぎ旅
小田原から・・・路線バス乗り継ぎ旅
高速バス乗り放題の旅
西日本パスで西日本周遊

路線バス巡り 天北線
路線バス巡り ふるさと銀河線代替バス
路線バス巡り 瀬戸大橋線
路線バス巡り 豊富留萌線


勝手に「乗りバス」リンク集

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。