東京発!冴えない日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たなパターン

      「ガムテープ案内文字を作る修悦文字について」

      「新宿駅ガムテープ道案内の作者実演を見た」

      「伝わらなくちゃ意味がない」(Nagalog3さん)


工事中の新宿駅や日暮里駅内に現れた独特な形をした案内文字
よく見ると、それが全てテープというのが驚きつつもそこで警備をしている人が作ったというのが尚更である。

そんな通常の案内看板よりも目立つ、この別バージョンを通勤途中で見つけた。

IMG_0194B.jpg


場所は、京浜急行(京急)の大森町駅
ちょうど、京急蒲田駅の高架化に併せた高架工事を実施しているところ

IMG_0192B.jpg


よく、完成後のイラストと一緒に掲示しているこのような説明書きがここではテープ

IMG_0193B.jpg


↑イラストもテープにしている。

ガソリン高騰で耳にすることが多くなった「道路特定財源」の活用を大きくアピールするかのような、テープ文字での告知は通常の看板より目立つことはここでもわかったようなもので、警備員の方も結構いるので、その人が作ったものかと思いながら引き上げようとした。

IMG_0196B.jpg


と、ここで警備員が警備しながら何かをしている。

IMG_0197B.jpg


本業の合間にテープ貼りをしている。
新宿駅で有名になった人ではないが、こうしてテープ文字の波及、この人に到ってはイラスト付きという新たなものに仕上がっていた。

IMG_0195B.jpg


↑駅名もテープになっている。

IMG_0190B.jpg


現在、京急蒲田駅とその周辺の高架工事が本格化して、それに伴う蒲田駅の度重なる配線変更と高架橋の柱部分が次々と姿を現して、工事の様相が見えてきた。

環八通りなどの大きな道路を踏切で遮断して、開かずの状態で渋滞も当たり前
また、お正月恒例の「箱根駅伝」におけるランナーの踏切通過による影響も高架化によってなくなるので道路特定財源を活用したこの工事は大変重要となっている。
スポンサーサイト

西の果てに向けて

皆さん、ご無沙汰というかサボって申し訳ありません。

今月は最も忙しい時期でしたが、それも乗り越えてこれから通常更新です。

その間、次の旅行準備や路線バス巡りの路線候補を探すなど、新たなネタに向けて着々と準備を整えている次第です。


そんな中で、最近話題にない長崎のことを忘れがちに思われそうですが、毎日長崎新聞Nagalog3さんをチェックして、ある程度のことは把握しています。

3月までは、寝台特急あかつきや島鉄南目線が惜しまれつつ廃止されたムードもいつの間にかなくなり、するかしないかで結局どうでもよくなった長崎新幹線が着工されたのが意外でしたが、これで長崎に新幹線が確実にやってきます。 とは言っても現行より30分もかからない短縮ですが・・・・・・


そんな長崎から気になることでも・・・・・・・

     「バイオパークに行ってきた」(Nagalog3さん5月11日より)

バイオパークというと、小学校に上がる前に行ったという記憶しかなく、近所とはいえ近づいたこともほとんどない所だが、他所のバイオパークの記事を見ても、直に動物に触れられる点で評判が高い。

世間は旭山やらパンダの上野で騒いでいるが、こうした見るだけとは違う良さがあると思う。


動物に関することでもう1点

     「長崎のUMA」長崎ガイドさんより

長年見ていない光景だが、まだ存在することには安心した。
一見すると、あって当たり前のような言い方をしているように思われるが、坂の町長崎では不思議ではない光景で、先日クイズ番組でも取り上げられたが坂地帯を走る長崎県営バスには登る時に使われる「片道定期券」が存在する。


もう1点気になったこと

     「外科学会 渋滞」(Nagalog3さん5月15日より)

初耳なことで、改めてニュースで見ると、全国から1万人以上の方が参加するとのことで、ホテルは満室、長崎空港のリムジンバスも臨時便が出たとかで、空路の長崎線も満席だったかもしれない。

街が混雑するのは、いささか大変ではあるが、たまに経済効果があるイベントでもあれば長崎のとってありがたいもので、次、長崎に人が押し寄せるのは2014年の長崎国体かもしれない。


最近の長崎について触れてきたが、リアルタイムで長崎を見るなら長崎水辺の森公園の公式サイト内にあるライブカメラがお薦めで、実際、友人が勤める会社が映るので夜遅くまで明かりがついていると、まだ仕事しているのかと考えながら、長崎の様子を見ています。



長崎だけではありませんが、各地で話題になっている「SUNQパスの下関エリア拡大」

現在、高速バス乗り放題きっぷモードではありますが、これもますます使いたくなってきた。

九州を飛び越えて、下関がOKも驚きですが、島鉄フェリーや島原~熊本間の航路もOKとは長崎人にはさらに使い勝手が良くなったのではないでしょうか。

昔、サンデンバスで今は亡き関門橋経由の下関駅~門司港間で乗車したことありますが、時代は変わって今は高速バスで天神まで行くのでバスで下関まで行くのも不便ではなくなりましたね。

それもいいですが、せっかく使えるのであれば唐戸航路で関門海峡を渡りたいと実現するかどうかわからないのに早くも妄想しきっています。


高速バス乗り放題きっぷのこと

前回購入したと言った「高速バス乗り放題きっぷ」

改めて、ルート探索の為に対象路線を見ると意外に抜けている路線もあることに気付かされる。

九州内の「桜島号」や「フェニックス号」が使えないのは、西鉄が幹事的な役割をする以上仕方なく、他会社との共同路線では使える路線があれば、そうでないのは、その会社との絡み合いがあるとも考えてしまうが、ならばJR単独路線でも使えないところもあるのはどういうことなのか?


新宿から仙台に行く「正宗号」は共同運行していた東北急行バスが撤退し、同区間の別系統になったことで、JR単独なっても使えず東北方面は夜行便ばかりになっている。

元々のJR単独である「ドリーム静岡・浜松」も対象外と意外で、このきっぷに関しては関西方面が優位ということで、北より西を攻める事で行程を作成して出来上がり、休暇も申し込んだところで、急に仕事が入り、予定より1週早めることになって、しかも6月1日の初日に出発になりました。


そんな訳で・・・・・・・・・

IMG_0084B.jpg


急いで、指定券を取りに行き全部発券してもらうのにだいぶ時間を取らせてしまいながらも、いちようの確保はしましたが、ただ地方の路線によって発券場所である東京駅からでは取れないということで、こちらは電話手配になります。

ただ使用期間は、本当に3日間のみで3日に及ぶ列島行脚、グルメ等、あと、さまざまな高速道路を通れるバス旅になりそうです。

Aero Princessさんも使用されるということで、東阪のピストンで思いつくのが、東京大阪間のさまざまなドリームも試してみるのもありですね。
青春メガドリームの地獄からプレミアムドリームの天国への差を比べることも出来ますが、たとえ乗り放題きっぷを持っていても我々男性陣には乗る事が不可能なドリームもあって、バラエティに富んでいます。


   Nagalog3さんの5月5日付の記事より

確かに、長崎人には使いにくいきっぷであり、九州内から本州に抜けるには限りがありますが、東京に住んでいる自分から見ればSUNQパスが使えるのが羨ましく、たとえ帰省しても3日潰されることを考えれば、せっかく時間がもったいないというのもあって未だに使う予定はありません。

このSUNQパスに関しては、値段もさることながら本土のバス会社の一般路線も含むほとんどの所で使える訳ですから、パーフェクトと言っても良いのではないでしょうか。


バスに関することをもう1点

先日、こーいち様からコメントを頂いた本放送を見れなかった「東海道 ローカル路線バス乗り継ぎ旅の再放送を見ることが出来ました。

小田原までは実際に自分が辿ったルートでその先が気になりましたが、やはり噂では聞いてましたが静岡県の由比までしか路線が繋がらないということで、大変参考になった次第であります。

さすがに京都までは目指すつもりではないですが、最近忘れかけていた小田原から先の旅を再燃させる刺激になったことは確かであります。

あ、GW中でした

世間はゴールデンウィーク真っ只中、そんなことをほとんど気にしない生活を送っています。

普段どおりの仕事するだけの生活、学生時代はバイトに明け暮れたりと東京に来てからゴールデンウィークらしい休みはなく、当然帰省したことも一度もなく、いつの間にか自分の頭の中から死語のように消えてしまったが、そこまで混んでいる最中で出かけるのも気が引けるので、こういう時に仕事している方が自分の性格に合っているので、普通に働きます。


そんな訳で、世間様が行楽中に仕事して、そうでない時に出かけるのでその第1弾として・・・・・・・



IMG_0080B.jpg


買っちゃいました、例の高速バス乗り放題きっぷ

発売日の5月1日に新宿のターミナルに足を運ぶと専用カウンターが用意されており、なかなか気合いが入っている感じで販売数を尋ねたら「新宿では100枚ぐらい」とのことで、これと言って殺到している訳でもなく、あっさりと買えました。

買うかどうかためらっていながらも、脳内ではコースを考えたりしていたので、既に行き先とコースも固まっていて、最終的に指定次第で決定します。

とは言っても6日フルに使うのではなく3日程度で、それでも行程組んだら36,000円分はいっているので、最近不足している高速バス分を一気に補える、前代未聞の高速バスだけの旅になりそうです。

最近の出来事から

IMG_0055_B.jpg


先週末から週明けにかけてあったネタになりそうでならないものをここでまとめて取り上げる。

先週の土曜日、メーデーに参加して新宿から代々木公園までひたすら歩いた。
現在進行中の強歩期間ということもあり、参加する分には好都合でさまざまな団体の列でゆっくり歩いたものだ。

IMG_0063B.jpg

IMG_0065B.jpg


労働者の祭典ということで固そうなイメージであるが、多くの出店や展示物もあって、普通のお祭りと変わらず、気軽に楽しめる点もある。
挨拶で訪れた大臣を始めとする政治家の方々は、自分の政党の宣伝をするばかりで、目的である労働者の為にもう少し考えてくれないかと思ったりもしました。



所変わりまして・・・・・・・・・

IMG_0067B.jpg


JR鶴見線の大川駅を通ることがありましたので、そのことでも

関西が和田岬線なら関東がこの駅というように列車は朝夕のみの通勤に特化した駅であるが、つい最近まで貨物列車も来ていた駅でもある。

IMG_0068B.jpg

IMG_0069B.jpg


この春の改正で消滅し、列車がある時には入換の都合で人力で貨車を押している変わった光景であったが、こんな光景も過去の者となり、一度は見ておきたいものであった。

IMG_0071B.jpg


そんな駅のまわりは、工場地帯の一昔前の時代を感じる臨海地帯の川崎の象徴でもあり、住宅街とのどかな風景もある北部や最開発され、より賑やかなとなった川崎駅周辺といい、川崎はさまざまな光景が見られる所である。
プロフィール

TOK2006

Author:TOK2006
埼玉県出身長崎県育ち、現在東京在住の私が自分探しと日本人として日本という国をよく知ろうというコンセプトのもとで旅を中心に興味あること、また新しいことに挑戦していく日々を描いています。

最近、ツイッターを始めました。
旅の模様を中心に自分なりの独り言ごとを書くつもりです。

TOK2006のアンテナ

TOK2006のTwitter

過去の活動
三浦半島をバスで行く1
三浦半島をバスで行く2
環七通りをバスで行く
バスだけで家に帰る
秋のかなちゅう巡り
夏のかなちゅう巡り(09年版)
上信 バスの旅
東京・小田原 路線バス乗り継ぎ旅
小田原から・・・路線バス乗り継ぎ旅
高速バス乗り放題の旅
西日本パスで西日本周遊

路線バス巡り 天北線
路線バス巡り ふるさと銀河線代替バス
路線バス巡り 瀬戸大橋線
路線バス巡り 豊富留萌線


勝手に「乗りバス」リンク集

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。