東京発!冴えない日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みちのくのんびり旅(後)

IMG_A0001_1.jpg

みちのくのんびり旅の2日目は盛岡から未乗路線のひとつ花輪線から始まる。

IMG_A0003.jpg

JR線とは言えども、盛岡~好摩間はいわて銀河鉄道線なので、専用ホームからの発車でIGR専用改札から好摩までの料金を払っての乗車となる。


続きを読む
スポンサーサイト

みちのくのんびり旅(前)

IMG_1735B.jpg

2008年の夏最後の旅模様
今年の夏もなんだかんだで出かけに出かけ、18きっぷ残り分を2日間にわたる行程にしようと再び東北方面へ考えると、ならば未乗路線でも訪問しようと旅立つ。

いつもの東北本線でいつものロングシートといつもの景色を見つつ、特に旅らしい雰囲気もなく気分を変えようと郡山に着いたら駅を脱出していた。


IMG_1737B.jpg

IMG_1738B.jpg

郡山から仙台行き高速バスに乗り換えるが、郡山駅前の乗り場にはNHKの取材班がおり、この路線の利用者に声をかけている。
近年、こうした高速バスを使って仙台への消費流出が増えているようで、その現状を取り上げるようで、旅行者である自分には関係なく話を聞くことはなかったが、乗車するところをカメラに収めているので、おそらくローカルニュースでも出ているだろうな。

結局は、九州が福岡集中のように地方都市ではどこもそんな感じで考えさせられる点はある。

IMG_1740B.jpg
↑吾妻SAにて

2時間ほどの路線だが、途中休憩もしてくれるのが嬉しいところでこうして東北道を北上して、仙台市内に入ると、大都会の雰囲気に先ほどの流出も納得してしまう。

IMG_1743B.jpg

そんな訳で仙台に到着して再び東北本線に揺られるが、仙台以北は初区間なので集中したいが、夕方ラッシュ時と重なり、都会らしく混んだ車内は普段も体験するぐらいの混み具合である。
先日、名古屋に行った際には朝ラッシュを体験して、こうした他都市のラッシュを体験することは貴重であるが、それでも埼京線の押し潰されることをいつもしていれば、マシとも取れる感覚である。

そんな仙台以北のラッシュは、1時間ぐらいは立ち続け、ようやく石越で座れるようになったところで一ノ関に到着する。


IMG_1745B.jpg

IMG_1748B.jpg

本日最後もロングシートに揺られ、こうして鉄道区間はオールロングシートで新幹線であっという間の区間をのんびりかけて来たが、なんだかんだあるものの、その土地の人の様子を見れたりとやめられない点もある。


IMG_1749B.jpg

こうして10時間かけて盛岡に到着
翌日をメインに本日はここで宿泊するのであります。

あっきーの今

先日のトトロに続いて、今回は以前取り上げた新秋津駅のキャラクター「あっきー」の現状についてです。

この記事以来、「あっきー」や「新秋津キャラクター」などで検索して来訪される方が多く、注目されていることを認識させられました。


IMG_1912B.jpg

夏頃からこのような絵日記調のポスターとなり、相変わらず各地へのフリーきっぷを宣伝していましたが、最近、別バージョンに更新され・・・・・


IMG_1905B.jpg

折り紙をモチーフにした物になりました。
せっかくなので、主なラインナップでも・・・・・

IMG_1901B.jpg
↑なまはげになった「秋田・大館フリーきっぷ」バージョン

IMG_1902B.jpg
↑りんごをかぶり、大間のまぐろに跨る「青森・函館フリーきっぷ」バージョン

IMG_1904B.jpg
↑主に名所にこだわった「岩手・三陸フリーきっぷ」バージョン 平泉を表現するのが難しかったのでしょうね。


とこんな感じで宣伝係長としての任務を相変わらずこなしていますが、一番目を引いたのがこちら・・・

IMG_1903B.jpg

ついに、あっきーのぬいぐるみを作成したのかと思い込んだが、携帯電話のクリーナーということで、いちよ気にはなります。


着実に認知度が上がってきている駅オリジナルキャラクターのあっきーですが、JRの他駅にもこのようなキャラクターが存在するのか、だんだん気になってきて、さまざまな駅に寄る度にチェックはしつつも今のところ発見はなく、希少な駅キャラクターとしてこれからも活躍してもらいたいです。

土曜夜の異変2

以前にも同じタイトルの記事がありますが、先週の土曜日に夜にアクセス数が上昇することがあり、理由は前回と同じ・・・・・・・・


   土曜スペシャル 「秋の北海道縦断! ローカル路線バス乗り継ぎ ふれあい旅」


が放送され、「路線バス乗り継ぎ旅」などで検索されてきたからです。



今回は、当日新聞で放送されることをあらかじめ知り、全編見ることが出来ました。

長距離路線バスが多い北海道において、こちらも挑戦したい「函館~長万部線」が始めから登場し、並走する高速バスを避けながら、あくまで一般路線バスだけにこだわっているのは前回の東海道の旅に比べれば評価している。

数々の有名な路線も登場し、札幌市内においては教えられた路線に乗るべく乗り場を探すも迷いに迷って、やっとのことで中央バス札幌ターミナルに辿り着いたのは同じ経験をした身として、笑ってしまいました。


登場した路線の中で、小樽から札幌までの移動をJRバスが出ていますので、それについて・・・・・・

6月、北海道に行った際に、宿泊先の小樽から札幌駅まで一般路線バスだけで行くことを自分もしています。
番組でも登場した、小樽駅からJRバスの宮の沢駅行きに乗車し、私の場合は途中の「手稲鉱山通」で下車し、市内バスでは珍しい急行運転の「快速ていねライナー」に乗車して札幌駅まで向い、およそ1時間半の旅・・・

その模様の記事を書く予定でしたが、例のHDD損傷で写真が消滅し、幻の記事となりました。



なにはともあれ、ちょうど近いうちに路線バス乗り継ぎ旅を久々に行う予定で、内容は昨年行った旅の続編であり、今回の番組は良い刺激となりました。


見れなかった地域でも後日放送されるかも知れませんので、是非ご覧になって下さい。


トトロの今

IMG_1709B.jpg

以前帰省した時に紹介したトトロ

だいぶ定着するようになり、当たり前の存在になった時にふと通りかかるとと何かが違って、近づいてみると・・・・・・・


IMG_1707B.jpg

真っ白な歯で笑っている表情から、ただ傘を持つポーズに変わっている。


IMG_1710B.jpg

そばには、新たにポストみたいなものが設置され、書かれている文章を読むと、どうやら何かのはずみで壊れたらしく現在のポーズに復旧したようで、このトトロのオーナーも募集している。


IMG_1712B.jpg

この夏は雨が多く、持っている傘が大いに活躍しただろうけど、そんな雨風に負けず、また被災しないよう根づいてもらいたい。

たまには船の話題でも

高速フェリー「ナッチャンRera」「ナッチャンWorld」運休および国内フェリー事業撤退のお知らせ


青森と函館を結ぶ東日本フェリーの高速船が就航からわずかな期間で運休になることに驚いている。

フェリーの所要時間2時間というのは、JRの特急白鳥と変わらず、一度は高速フェリーで津軽海峡を越えて北海道に上陸したかったが非常に残念である。

これも原油高が一番の影響だが、どうも日本における高速フェリーはなかなか長続きせず、かつては長崎と鹿児島の串木野とを結ぶ高速フェリーも存在したが、度重なる船トラブルもあって、こちらも数年で廃止された。


IMG_1705B.jpg

こちらは、伊王島に行った時に乗った「コバルトクィーン号」

この船とは10年以上前から出会っていて、その当時は平戸と佐世保、オランダ村(のちにハウステンボス)を結ぶ航路として運航していて、この航路廃止後に現在の長崎~伊王島~高島航路に運航され、出会いから時が経って乗ることが出来た。

伊王島に行った時に述べているが、この船で時間が短縮されたともあって、伊王島に行く客がかつてより増えたことで、定員に近い人数を運ぶことにはさぞかし任務を全うして、この航路に転職してよかっただろうが、その伊王島も本土との橋が架かり、お役御免かと思ったら、橋起点の長崎市香焼までバスで40分かかるので、たとえ伊王島までのバス路線が出来たとしても、現行の船20分の所要時間にかなわず安泰なのかもしれない。


と最後はローカルな話になりましたが、ローカルなことをもうひとつ・・・

     長崎坂道さんの9月22日付けの記事より

※ちなみに最近離合するという言葉を知ったのだが、調べたら方言のようだ。
単純に言えば「すれ違う」と言う意味。




離合って、今まで全国共通かと思って普通に使っていたが、方言だとはこの年になって初めて気づいた。
ここの路線バス巡りレポでも普通に使っている言葉なので、読んでわからなかった人に申し訳ないが、書いているとおり「すれ違う」意味で、狭い道が多い長崎では使うことが多い言葉であり、調べると九州だけで使われているようだ。

よって、これからは統一の意味も込めて「すれ違う」を使っていきます。

プロフィール

TOK2006

Author:TOK2006
埼玉県出身長崎県育ち、現在東京在住の私が自分探しと日本人として日本という国をよく知ろうというコンセプトのもとで旅を中心に興味あること、また新しいことに挑戦していく日々を描いています。

最近、ツイッターを始めました。
旅の模様を中心に自分なりの独り言ごとを書くつもりです。

TOK2006のアンテナ

TOK2006のTwitter

過去の活動
三浦半島をバスで行く1
三浦半島をバスで行く2
環七通りをバスで行く
バスだけで家に帰る
秋のかなちゅう巡り
夏のかなちゅう巡り(09年版)
上信 バスの旅
東京・小田原 路線バス乗り継ぎ旅
小田原から・・・路線バス乗り継ぎ旅
高速バス乗り放題の旅
西日本パスで西日本周遊

路線バス巡り 天北線
路線バス巡り ふるさと銀河線代替バス
路線バス巡り 瀬戸大橋線
路線バス巡り 豊富留萌線


勝手に「乗りバス」リンク集

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。