東京発!冴えない日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記いろいろ

お出かけはレポがまだまだ残っていますけど、ちょっと合間に言うべきことがあるので申しておきます。



先日予告したとおり、先週3月28日土曜日の土曜スペシャルで「山陽道 路線バス乗り継ぎ旅」が放送され、案の定放送時間から翌日にかけて、アクセスが集中しました。

全て、未開拓地ということでどのように向かうことをわからないまま、縦横無尽こんな路線もあるんだと興味を持ったりしながら見ていました。
予測できたのが、県境にまたがる路線はあるのか考えていると、やはり断絶された所ではタクシーを使うはめとなり、オールバスではないですが、なんとかゴール出来たのがせめてものだと思います。


あらためて、時間が読めないルートが確実に繋がっているとは限らないという制約は多くありますが、スピード化の現代で、こういう地道に行く旅、路線バスだから出来ることは制約以上におもしろさが多くあることを感じながら、この春からの活動にも良い刺激にはなりました。


続いて・・・・・・

        「JR西日本全線・JR四国全線・JR九州一部乗り放題 西日本パス」


もうすでにアナウンスされて、取り上げている所が多々ありますけど、先週末から始まった高速道路1000円の鉄道側からの対抗策

見てのとおりのこのお得な値段で西日本主催の自社だけではないネットワークで素晴らしいきっぷです。
2人以上の制約ですけど、かえってこの方が好都合な部分でいいかと思います。


ふと、都道府県ではあと鳥取と高知を制覇してないから、今年はせめてどちらか行ければと思った矢先に発表されたので、これで一気に両県訪問も夢ではなくなったと言わんばかりに使う方向で調整しています。

それにしても、昨年の今頃は「高速バス乗り放題きっぷ」の発売が発表され、この1年で取り巻く環境がガラッと変わりましたから、旅も年間通じてわからないものです。



スポンサーサイト

年またぎの初外出3

IMG_2847.jpg

IMG_2850.jpg


津軽鉄道の乗車から再び弘前に戻り、特急かもしかで朝上がってきた奥羽本線を下っている。

雪は少ないと言いながらも峠区間の山間部は多い印象で、例年に比べればどうなのかは南国育ちには全くわからない、そんなことはどうでもいい日本の冬の風景を眺めながら2009年の最初の日を過ごしているのである。

続きを読む

年またぎの初外出2

IMG_2805.jpg

寝台特急あけぼのを弘前で降り、五能線を乗り継いで五所川原にやってきた。

折しも半年も経たない昨年9月にリゾートしらかみで通ったばかりで、この頻度で来ることは考えていなかったが、この時に目に入った津軽鉄道に乗りたい欲は通ると出てくるもので・・・・・・


IMG_2809.jpg

そういうことで津軽鉄道の簡単な乗車記であります。
真冬のこの日の乗車は、もちろん名物の「ストーブ列車」


IMG_2826.jpg

IMG_2823.jpg

IMG_2828.jpg


ストーブ近くの席について早速スルメやもちを焼き始める光景があり、その香りが車内に漂うことは、この列車にとって日常のことで、駅にはこうした食材が販売されているのも特徴である。

元旦なので少ない乗客でマッタリとした列車の旅を過ごす・・・・・・・・・そんなことを思い描くのは大きな間違いで、五所川原駅には大型バスが着くと大勢の人が降り立ち列車に乗り込む

こうしたストーブ列車に乗車するツアーがコースに組み込まれているようで、正月にも関わらず旅行ツアーをするのか!と突っ込みたくもなるが、こうして乗車率100%の車内でほとんど身動き出来ず固まりながらストーブを堪能している。


そんな寒さを吹き飛ばすストーブだが、満室の車内の影響ではないけど車内は非常に暑く、窓が開ける所も出てくる。
真冬とは言え、例年より暖かい津軽地方であって、極寒を覚悟に装備してきただけに拍子抜けで、これだと夏のガマン大会のように暑い。


IMG_2837.jpg
↑清々しくも雪も例年より少ない津軽平野


地吹雪があるなかで走る鉄道において、ストーブ列車はこうした環境を乗り切る装備だが、この日はそれを生かすことがなく旅行としては最高なコンディションでも複雑な面を持ちながら金木駅に到着する。


IMG_2841.jpg
↑金木駅にてストーブ列車の最後部に連結している一般車と上り列車の対向

時間の関係で金木で下車し、待ち合わせている上り列車にそのまま乗り換えて、来た道を風景をじっくり見ながら戻る。


IMG_2842.jpg
↑運転席脇にある小説 太宰治作品ももちろんある。


なかなか途中の無人駅での乗降がないまま、止まったらドアを開けてすぐ閉めて発車するパターンで、元旦らしいとは言えばそうかもしれないけど、先ほどの混雑ぶりだと正月とは思えない余韻が残り、これも観光客が大きなウェイトを占める津軽鉄道の光景を見た気もする。

再び五所川原駅に到着し、津軽鉄道の旅が終了し次なる場所へ移動します。


IMG_2844.jpg
↑出番を待つ津軽鉄道の除雪車

年またぎの初外出1

IMG_2770.jpg


いろいろ立て込んでいる中で、過去のことを整理しながら更新にはげんでいきます。

ということで、これは2008年の大晦日にさかのぼる


昨年の元旦に東北各地をまわった元旦パスの旅の2009年版とも言えようの内容は、元旦をまわる前の大晦日のうちに旅出ようと上野駅に地平ホームにいた。

今回初めて乗る寝台特急「あけぼの」やその他未乗や未訪問地を求めて東北へとまた向かうが、よくよく考えたら生まれて20数年、年またぎは必ず家にいたので、外で旅しながら新年を迎えるのが新鮮である。


IMG_2780.jpg

IMG_2775.jpg

こんな普段とは違う日でも乗客とはいうと、思ったよりも多く、乗車したゴロンとシートは特に乗車率が高く、帰省よりも旅行者の姿が多い。


IMG_2776.jpg

あくまで、寝台の空間だけを提供しているゴロンとシートとは言っても、特別通常の寝台車とは何も変わらず、浴衣があろうが着替えずそのまま寝ている身なので、それが尚更違和感もなく横になれるのが嬉しいが、残念なのがこの車が喫煙車のみで、しかも全体でタバコが吸えるのがここだけので、別の車両の乗客が吸いにくるほど寝ている時も煙たく感じ、吸わない人間にはきつかったが、この願いが通じたのか、この春改正から禁煙になったようだ。



沼田付近で2009年となってもそこは寝台車、特におめでたいムードはなくお休みの人も多くいるので、ここで就寝


IMG_2790.jpg

目覚めれば一面の雪景色で吹雪いている所もあるが、全体的に雪は少なく暖冬傾向が強い。


IMG_2783.jpg
↑秋田で小休止


九州方面のブルートレインが完全になくなり、乗ることそのものが貴重となる夜行列車
このあけぼのはどうかと様子を見ても安定した乗車率に安心しながら、これからも末長い継続を願いながら降車地に弘前に到着した。

IMG_2796.jpg

IMG_2794.jpg


ここから元旦の1日を思う存分を使うべく、さまざまな所に向かっていきます。


当ブログのもろもろ

はじめに、今月は週末にかけてお出かけラッシュが続いているので、なかなか更新出来ないので、御了承下さい。


本題は、当ブログの不思議な物として、過去に取り上げた「土曜夜の異変」の評価がやたら高いことで、そんなに大したことを書いた訳でもないのに、こういう風になるのは書く側の思いと閲覧する側との見方のズレで、一見悪くとらえる様な言い方をしているが、これはこれでおもしろいもので、評価されているだけでもありがたい。


そんな記事内でもあるテレビ東京の「土曜スペシャル」は、旅系企画も豊富で毎週の放送をチェックするほど欠かせない番組となり、先週も都営バスを使った旅企画をやっており、見ようにも都合が悪かった。というか、録画予約しているつもりが、されてなくて、それは再放送に期待する。


ウィキを見てもレギュラー企画として挙げられるようになった「路線バスの旅」シリーズが何かと気になるが、テレビ月刊誌を見ると、今月28日放送分が最新作「山陽道 路線バス乗り継ぎ旅 京都から広島編」が予定されている。

初の西日本シリーズの全くの未開拓地なので、非常に参考になる内容となりそうで、またこの日は過去の点からアクセス数が多く予想される。


あくまで、放送予定なので正式アナウンスは1週間前とのことで理解願います。

長崎のネコは尾が曲がっている?

   長崎になぜ多い?「尾曲がり猫」 (長崎新聞2月22日付)


昨年後半ぐらいから出始めてきている話題、長崎に伝来しシッポが短い、シッポが曲がっているなど尾が特徴なネコを「長崎ねこ」と呼ばれているようで、記事にも示されているように、これを研究するグループまであるなど、本格的に究明し出しているようだ。


そんな話もあり、先日帰省した時には何気に意識して見たネコ、弓張岳に行った時にそれがいました!


IMG_2994.jpg


IMG_2993.jpg


たしかに「長崎ねこ」の部類なのか、はたまた偶然なのかとも思ったが、直にこの目で確かめると珍しさにこれも1種の長崎ブランドの存在に期待をかけて、これからも長崎で見かけるネコには注目の的になるだろう。

それ以前に長崎は存在そのものが多く、弓張岳も含め場所によっては人間以上に占めていることも珍しくないのである。
プロフィール

TOK2006

Author:TOK2006
埼玉県出身長崎県育ち、現在東京在住の私が自分探しと日本人として日本という国をよく知ろうというコンセプトのもとで旅を中心に興味あること、また新しいことに挑戦していく日々を描いています。

最近、ツイッターを始めました。
旅の模様を中心に自分なりの独り言ごとを書くつもりです。

TOK2006のアンテナ

TOK2006のTwitter

過去の活動
三浦半島をバスで行く1
三浦半島をバスで行く2
環七通りをバスで行く
バスだけで家に帰る
秋のかなちゅう巡り
夏のかなちゅう巡り(09年版)
上信 バスの旅
東京・小田原 路線バス乗り継ぎ旅
小田原から・・・路線バス乗り継ぎ旅
高速バス乗り放題の旅
西日本パスで西日本周遊

路線バス巡り 天北線
路線バス巡り ふるさと銀河線代替バス
路線バス巡り 瀬戸大橋線
路線バス巡り 豊富留萌線


勝手に「乗りバス」リンク集

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。