東京発!冴えない日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルペンルート探訪記 (前)

IMG_4294.jpg

富山の朝は、富山地鉄の移動から始まる。
ただ地鉄電車に乗りにきた訳ではなく、あくまでもルートのひとつであり、となれば立山・黒部アルペンルートしかなく念願だった所をついに訪れる時が来た。

お盆が終わった週明け、とは言えまだまだシーズンでもあるので、なるべく避けたい時期ではあるが、顕著していたはいつまでも行けないままであり、良い季節でもあるので、のんびりと大町へ抜けることにした。

第一ランナーの富山地鉄
西武沿線民なら元西武5000系レッドアローの車両が来ないかと願っていたけど、それにありつけることはなく、やはり宇奈月方面が多いのかと思ってしまう。

IMG_4296.jpg
↑地鉄富山駅ホームにて 快速急行のヘッドマークは元西武5000系のものだろう


続きを読む
スポンサーサイト

高山線リベンジ

IMG_4281.jpg

IMG_4284.jpg

高速バス「ひだ高山号」で高山に到着後は、18きっぷで高山本線での列車移動へ

言ってなかったけど、ひだ高山号に乗るまでは東海道本線で名古屋まで下り、再び18きっぷを使って本日の目的地富山まで向かう。
何気に富山に向かうのに、高速バスに乗りたいことと高山本線の完全乗車を果たしたい思いがあり、お気づきだと思うけど、前回訪れた時は豪雨災害で角川~猪谷間が寸断され、代行バスでの輸送だった。


IMG_4289.jpg

夕方下り列車は、名古屋方面の上り列車を待つ人が多いなかでご覧の有り様で前回代行バス乗り換えで下車した角川で地元客がほとんど降り、あとは18きっぷの同業者数人だけとなった。


IMG_4291.jpg

真新しい道床の線路を宮川に沿いながら走り続け、日が暮れたので写真はないけど、山間部を貫く自然豊かな路線を乗車し、猪谷に着いて全線乗車したところで、JR西日本管轄に入り富山行きに乗り換えて向かった。

富山に来てメインの行動は翌日で、駅前のビジネスホテルをその日の宿泊地とした。

路線バス巡り ひだ高山号

IMG_4268.jpg


夏の旅の一環で高山を通ることがあったので、名古屋からの足としてJRバス・名鉄バス・濃飛バスが共同運行する「ひだ高山号」に乗ってみた。

高山への足及び「ひだ号」という名が付くと列車のイメージが強いけど、果たして高速バスとしてはどんなものなのかとお試しを兼ねている。


高速バスネットで予約した名古屋駅14時35分発の11号は、その前後の便が空席が少ない中でだいぶ空いていて担当は名鉄バス
東名ハイウェイバスでお馴染みのJR名古屋駅のターミナルでは、それらが発車する別にある1番のりばで、この日までそんな乗り場があったことなんて気付かないぐらい北陸方面系統が発着する乗り場である。

名鉄バスが担当だけど、高速バスネットのプリントしたWEB乗車票を乗務員がきちんと理解してくれるのか気になりながらも、あっさりと車内へ案内された。


IMG_4260.jpg

続きを読む

夏の活動 1続き

IMG_4232.jpg

柏崎駅に着いて、乗り換え列車まで時間があるので、しばし駅周辺を観察

お菓子メーカー「ブルボン」のお膝元の地だけに、駅舎内には製品を展示されたりと駅というのは地元特産を知る拠点でもあり、待ち時間を退屈させない。

IMG_4237.jpg


今度は越後線を周遊する。

続きを読む

夏の活動 1

IMG_4186.jpg

7月から8月上旬まで多忙をきわめ、ようやく18きっぷの1回目の判が押されたのは8月15日

お盆の最中でそれほど人の動きもないから出かけやすいかなと思っていたら、それは大きな間違いで、とりあえず広範囲にまわろうと高崎線の始発電車に乗るために地元からの始発では間に合わないからと始発電車が早い駅までタクシーで向かう。

運転手から「お客さんの前にも1人駅まで乗せたけど、なんでもお台場でやる祭典に行くからと言ってましたよ」
とあの日本最大のイベントがビックサイトでやっているのを思い出し、実際に池袋駅に着いた電車からダッシュして駆けていく人が結構いた。

一方で高崎線始発電車も18族おろか登山の大きなリュックを背負った人も目立ち、お盆だけど普段の週末より違う雰囲気が感じ取れながら、高崎から水上行きで上越線を上がっている。

続きを読む

夏の予告

しばらく長崎に帰省していました。

書くことは多々ありますけど、バタバタして通常のペースに戻るまで時間がかかるので、今後書く旅行記をダイジェスト予告します。


IMG_4216.jpg


IMG_4327.jpg


IMG_4458.jpg


わかる人には写真だけでどこか思いつくでしょうけど、たとえそうだとしても、それは凄い!
ということで、しばしお待ち下さい。

プロフィール

TOK2006

Author:TOK2006
埼玉県出身長崎県育ち、現在東京在住の私が自分探しと日本人として日本という国をよく知ろうというコンセプトのもとで旅を中心に興味あること、また新しいことに挑戦していく日々を描いています。

最近、ツイッターを始めました。
旅の模様を中心に自分なりの独り言ごとを書くつもりです。

TOK2006のアンテナ

TOK2006のTwitter

過去の活動
三浦半島をバスで行く1
三浦半島をバスで行く2
環七通りをバスで行く
バスだけで家に帰る
秋のかなちゅう巡り
夏のかなちゅう巡り(09年版)
上信 バスの旅
東京・小田原 路線バス乗り継ぎ旅
小田原から・・・路線バス乗り継ぎ旅
高速バス乗り放題の旅
西日本パスで西日本周遊

路線バス巡り 天北線
路線バス巡り ふるさと銀河線代替バス
路線バス巡り 瀬戸大橋線
路線バス巡り 豊富留萌線


勝手に「乗りバス」リンク集

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。