東京発!冴えない日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜の都営バス巡り

 休日だった日曜日、日中は用事があり、何気に乗りたくなって夕方から都営バス巡りをした。

せっかくなので、夜に見える景色を求めてまわってみることにしてみた。


DSC01379.jpg


本来、行きたい所があってそこに寄ってみるも空振りに終わり、何気に錦糸町に来ていた。

その錦糸町駅から「錦13」晴海埠頭行きに乗る。

日曜日の夜とあって、帰宅ラッシュがなく道も空いていて、順調に進んで行く。

この路線もそうであるが、夜の風景は昼間とは別に見え、乗ったことがある路線でもまた違ったように見えてくる。

この路線の単独区間である江東区石島地区に入ると、大通りを一歩踏み込んだ所で明るさもマンションの照明や居酒屋のネオンぐらいしか見えてこない。

東陽町も比較的閑静な所といったこの路線の単独区間が多く、併設の「錦13乙」と併せて本数も多い。

東陽町を抜けて臨海部に入ると、さらに賑わいがなくなり、いくつものそびえ立つマンションが見えるだけ、そんななかで一際違って見えたのが豊洲地区で、「ゆりかもめ」の延伸開通や「ららぽーと」と呼ばれる巨大商業施設の完成で、人の姿が多く目立った。

都営バスも駅前に大きなロータリーができて、初めて来た頃と雰囲気が違っていた。

その豊洲を抜けると、再び静かな感じになる。
オフィスが立ち並ぶ所を通り、日曜日なのでなおさらである。

そんな夜のさまざまな風景を見ながら、終点の晴海埠頭に到着する。


DSC01390.jpg


目的は、晴海客船ターミナルで東京の夜の景色で一番に思いつく臨海副都心の夜景を見にやってきた。

DSC01381.jpg


ここから見えるレインボーブリッジの夜景版を何枚か撮る。
ちなみに昼間に撮った写真は、このブログのプロフィールの写真になっています。

この日の東京は、木枯らし1号が吹いたほど急に冷え込んできて、それで景色も澄んで見えないかと期待してやってきた。

DSC01385.jpg


DSC01394.jpg


ちょうど、南極観測船「しらせ」が停泊していて、いい日にやってきた。


DSC01395.jpg


次に、「都03」四谷駅行きに乗り、家路の方向に向かう。

この路線での夜の風景は、隅田川にかかる勝どき橋からの眺めで他の橋の明かりや提灯の光が目立つ屋形船が航行している景色だろう。

続いて、最大の要所でもある銀座はネオンの光が所せましと光って、街全体を明るくして、それに負けないくらい歌舞伎座も建物全体が照明に包まれている。

銀座の繁華街を抜けると、今度は明るさが消え、警視庁といった官庁街を通っていく。

三宅坂を登りきり、麹町にさしかかるとやはり日曜日なので人通りが少なく静かな夜の風景が印象な所。

この路線でもさまざまな夜の風景を見て、終点の四谷駅に到着する。


今回は短縮版ということで、何かテーマを持って臨んだ今回の巡りは短いながらも夜だから見える風景がたくさんあり楽しめた。

次は、通常の日中中心の乗ったことがな系統を中心にまわってみたい。





スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

TOK2006

Author:TOK2006
埼玉県出身長崎県育ち、現在東京在住の私が自分探しと日本人として日本という国をよく知ろうというコンセプトのもとで旅を中心に興味あること、また新しいことに挑戦していく日々を描いています。

最近、ツイッターを始めました。
旅の模様を中心に自分なりの独り言ごとを書くつもりです。

TOK2006のアンテナ

TOK2006のTwitter

過去の活動
三浦半島をバスで行く1
三浦半島をバスで行く2
環七通りをバスで行く
バスだけで家に帰る
秋のかなちゅう巡り
夏のかなちゅう巡り(09年版)
上信 バスの旅
東京・小田原 路線バス乗り継ぎ旅
小田原から・・・路線バス乗り継ぎ旅
高速バス乗り放題の旅
西日本パスで西日本周遊

路線バス巡り 天北線
路線バス巡り ふるさと銀河線代替バス
路線バス巡り 瀬戸大橋線
路線バス巡り 豊富留萌線


勝手に「乗りバス」リンク集

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。