東京発!冴えない日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

路線バス巡り 東海道昼特急大阪号

DSC01588.jpg


高速バス編では初めてとなる今回は関西旅行から東京に戻る際に乗ったJRハイウェイバスの「東海道昼特急大阪号」を取り上げる。

DSC01576.jpg


起点となる大阪駅桜橋口のJRバスターミナルからは四国や中国方面のバスが発着しているなか、夜行でもないのに「東京」と行き先が書かれた2階立てのバスがやってきた。

JRバス関東と西日本JRバスとの共同運行で、8時10分発の2号の乗車、この時間からして西日本担当なのか思いきや関東車であった。

平日なので、乗客は少なめかと思いきや8割ぐらいの乗車で若い人の割合が多い。

DSC01578.jpg


大阪の街は、朝の通勤時間でサラリーマンの姿が目立ち、道路と並行する地下鉄御堂筋線の車内を見ると、すし詰めの状態で、それとはまったく違う雰囲気でこちらは静かに過ごしている。

千里ニュータウンバス停で一人、吹田インターから名神高速に入り、京都深草バス停でもう一人乗せて、これから東京まで8時間の長いバス旅となる。

走行する名神高速は上下線ともスムーズな流れていて、東京までこの状態でいけたらという願いがあった。

ただ、この日は「爆弾低気圧」と呼ばれる強い低気圧が南から北に流れるとのことで、今居る所から関東までこれから天気が崩れるということで、この影響が出るのではという心配があった。

DSC01580.jpg


大阪から2時間ほどで、最初の休憩地の養老サービスエリアに到着した。
10分ほどのトイレ休憩で、わずかな時間で売店も覗いてみるが、サービスエリアの売店はその土地にしかないお土産物があって、ついつい見てしまう。
場所は岐阜県なのだが、なぜか「琵琶湖」と書かれたお菓子を買って、車内に戻る。

DSC01581.jpg


天気は、まだ曇りで、なんとか維持している。
この状態でもいいから、降らないでほしい。

DSC01582.jpg


サービスエリアで休憩を終えた乗客が次々戻ってくるのを見て、ある程度の乗客が把握が出来るが、なかには外国人までおり、このバスの人気がうかがえる。


DSC01583.jpg


東名高速に入り、こちらも順調だが、道路の電光掲示板には浜松付近で事故による渋滞の案内表示があり、これから渋滞が待ち受けることが確実となった。

DSC01584.jpg


と同時に、雨も降り出してきて、せっかく眺めがダメになってしまった。

この路線の乗車は2回目で、前回は午後発の便に乗ったので、途中から暗いなかでの乗車であったが、今回は日中の時間帯で、すべて明るい時間内で過ごせるのだが、曇り空であまりそのように見えない。

DSC01585.jpg

DSC01586.jpg


待ち受けていた渋滞にはまり、1時間ぐらいはノロノロ運転となっている。
そんななかで、浜名湖サービスエリアで2回目の休憩となり、15分の休憩時間で、簡単に食べれる物でお昼をとったり、売店を見たりと忙しい。

傘をもってないので、雨の中で外にいられるわけでもなく、移動もバタバタしている。


大阪を出て、最初の降車地である「浜松北インター」を通過するが、通過予定時間を1時間遅れで走っている。

この遅れを維持するか、少しでも回復してもらいたいという思い、そんなことを忘れようと、外の景色に集中しようとも雨粒でよく見えない。

東海道線からよく見る静岡県の由比の太平洋をなんとか眺めながら、電車から見る光景とは一味違った光景で、天気が天気なので富士山はさすがに見えなかった。

肝心の遅れの方は渋滞はないのだが、雨で神奈川県内の山間部区間では速度規制に入り、遅れに拍車が掛かっている。

DSC01589.jpg


足柄サービスエリアで、3回目の休憩に入る。
雨も大雨になって、まだお昼過ぎとは思えないほどの暗くなってきた。

これから、東京に近づくつれて降車停留所が増えてくるが、この先首都高でも大幅な渋滞の表示があり、乗務員が急ぐ人に「東名江田」での降車をアナウンスで薦めてきた。

東名江田のバス停は、東急田園都市線江田駅まで徒歩で行ける距離で、バスが遅れそうな時は、ここで降りて電車に乗った方が速い。

自分もここで降りようかと、ずうっと悩んだが、せっかく乗ったのだから、終点までと乗車することにした。

東名江田でほとんどの乗客が下車、ただみんな傘を持っていないのか、立ち止まっている状態であった。

東名東京料金所を通過、ここから首都高に入ったとたん、予告の渋滞に入る。
この渋滞が先ほどの浜松の渋滞よりひどく、都内を移動するにもこんなに時間がかかるのか」と思わされるようなノロノロさで、これが高速を降りる霞ヶ関付近まで続いた。

3時間の遅れで、ようやく東京駅に到着。
車内は快適でも、さすがに時間の長さで疲れた乗車であった。

DSC01591.jpg


東京に着いた時には夜で、これに懲りずに「また乗ってみよう」と思うのであった。

スポンサーサイト
コメント
精力的ですね~♪

羨ましいです。(^^
今後も楽しい旅行どんどんしてください。
2007/02/03(土) 22:08 | URL | サルル #-[ 編集]
高速バスの低料金には惹かれるモノがありますが、やはり時間が読めないのがコワイですね。何度か利用してみたいと思いながら、まだ一度もまともに乗ったコトがありません。夜行便のほうが、ダイヤに忠実なのでしょうか?
2007/02/04(日) 19:51 | URL | yaminabe-bank #-[ 編集]
サルル様
高速バスからの眺めもいいもので、今度は北に向かう「あぶくま号」や「正宗号」はたまた青森行きの「青森上野号」に挑戦したいものです。

yaminabe-bank様
JRバスの昼特急シリーズは、料金と日中をフルに走る点からバス旅には非常に良いのですが、やはり時間が保障されず、繁忙期間は一部の便が運休しています。

夜行便も定刻より早く着くことがあれば、高速道の影響で遅れて到着することもあります。
それでも、バス旅と時間のことを気にしなければ一度試してみるのをおすすめします。
2007/02/06(火) 18:41 | URL | TOK #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

TOK2006

Author:TOK2006
埼玉県出身長崎県育ち、現在東京在住の私が自分探しと日本人として日本という国をよく知ろうというコンセプトのもとで旅を中心に興味あること、また新しいことに挑戦していく日々を描いています。

最近、ツイッターを始めました。
旅の模様を中心に自分なりの独り言ごとを書くつもりです。

TOK2006のアンテナ

TOK2006のTwitter

過去の活動
三浦半島をバスで行く1
三浦半島をバスで行く2
環七通りをバスで行く
バスだけで家に帰る
秋のかなちゅう巡り
夏のかなちゅう巡り(09年版)
上信 バスの旅
東京・小田原 路線バス乗り継ぎ旅
小田原から・・・路線バス乗り継ぎ旅
高速バス乗り放題の旅
西日本パスで西日本周遊

路線バス巡り 天北線
路線バス巡り ふるさと銀河線代替バス
路線バス巡り 瀬戸大橋線
路線バス巡り 豊富留萌線


勝手に「乗りバス」リンク集

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。