東京発!冴えない日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠くに行きたい春 福島編

DSC01755.jpg


仕事やらなんやらで、そんなことに追われている時に、いつも願っていたのが「遠くに行きたい」ということ。

そんな追われることも終わって、ようやく出かけられる休みも出来て実行、折りしも今春の青春18きっぷが8000円ということで、いつもと変わらないJRでの旅、それでも今回は目的持ってということで、JRバス路線を求めて福島県に向かった。

東京から東北線をひたすら乗り継いで、前日まで東北地方を襲った大雪で、東京では未だに見てない雪景色を今季初めて見た。

さすがに電車に飽きて、郡山から福島交通の福島行き高速バスで向かうが、対向車線の高速バスを見ると国際興業の「渋谷」やJRバスの「東京駅」行きのバスとすれ違う。

時間は午前10時過ぎ、「???、あれこんな時間にこんなバスがあったかな」と考えて、気がつく。

それはつまり夜行バス。
青森や盛岡から来たバスが、雪による高速道路の封鎖で一般道迂回してきて、こんな時間になっている。

とっくにその日の朝に着いていなければならないが、こんな時間に福島県内にいることに乗客はさぞかしお疲れでしょうが、それよりもずっと運転している乗務員が大変だろうと思って進む。

DSC01756.jpg


福島に着いて、始めに福島駅東口から出るJRバス東北の船引線に乗車

DSC01762.jpg


たまたま見つけた1日2本しかないマイナー路線で、興味を持ち乗車する。

2本しかないので、よっぽど乗らない路線かと思いきやそうではなく、地元の人をある程度乗せて発車する。

阿武隈川沿いに進み、雪とは一変気持ちよく晴れている姿に川も太陽の光で輝いている。

途中からも乗車があり、本数のわりにお客がいることには意外で、時折狭くて急な道に驚きながら進み、よその地でもバス旅を楽しむ。

じょじょに乗客も降りて、下田という地区ではついに自分一人になって、終点までの30分の時間を貸切で過ごした。

DSC01764.jpg


終点の磐越東線の船引駅に到着。

DSC01763.jpg

DSC01766.jpg


ここから、しばし列車での移動で小野新町駅へ

DSC01768.jpg


ここからは今回のメインであるJRバス関東の磐城北線に乗車、今月いっぱいでなくなる路線ということで、ここまで来た。

DSC01778.jpg

DSC01779.jpg


終点の水郡線磐城石川駅に到着。
再び、列車での本格移動を再開で、水戸を経由して帰路に到った。

雪に遭わなかったのが幸い、それよりも福島の人々の温かい光景に何度か遭遇して、最近なかった気持ちで旅を満喫出来た。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

TOK2006

Author:TOK2006
埼玉県出身長崎県育ち、現在東京在住の私が自分探しと日本人として日本という国をよく知ろうというコンセプトのもとで旅を中心に興味あること、また新しいことに挑戦していく日々を描いています。

最近、ツイッターを始めました。
旅の模様を中心に自分なりの独り言ごとを書くつもりです。

TOK2006のアンテナ

TOK2006のTwitter

過去の活動
三浦半島をバスで行く1
三浦半島をバスで行く2
環七通りをバスで行く
バスだけで家に帰る
秋のかなちゅう巡り
夏のかなちゅう巡り(09年版)
上信 バスの旅
東京・小田原 路線バス乗り継ぎ旅
小田原から・・・路線バス乗り継ぎ旅
高速バス乗り放題の旅
西日本パスで西日本周遊

路線バス巡り 天北線
路線バス巡り ふるさと銀河線代替バス
路線バス巡り 瀬戸大橋線
路線バス巡り 豊富留萌線


勝手に「乗りバス」リンク集

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。