東京発!冴えない日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三浦半島をバスで行く1

立春を迎え、ちょっとした小旅行に出かけようと思い、以前から計画していた三浦半島をまわる旅をしてきた。

DSC00143.jpg

今回、逗子駅からスタートなのだが、必需品を買いに、一旦、京急の新逗子駅に向かった。


DSC00145.jpg


「三浦半島1DAYきっぷ」は、京急線の発駅からの往復分の運賃、金沢文庫~三崎口・新逗子間と三浦半島内の京急バスの指定路線が乗り放題のきっぷで、品川から1,900円、横浜から1,400円である。
新逗子駅などのフリーエリア内からは、1,100円で今回、これをメインに使っていく。

DSC00148.jpg


逗子駅から「逗06」長井行きで南下する。

DSC00149.jpg

葉山の御用邸前を通ると、やがて海岸線が見えてくる。


DSC00151.jpg

DSC00152.jpg

途中の「横須賀市民病院」で降り、始発の「三11」三崎東岡行きでさらに南下、途中で横須賀市から三浦市に入る。

DSC00176.jpg

終点の「三崎東岡」からは、「海35」剱崎(つるぎさき)経由三浦海岸行きに乗る予定なのだが、1時間以上、時間があるので、「城ヶ島」に行くことになり、後続のバスで向かった。

DSC00153.jpg

三崎港・城ヶ島大橋を通り、10分ほどで「城ヶ島」に到着。

DSC00159.jpg

  名物のまぐろ料理店が何軒もあった。

折り返しの時間を使って、歩いてすぐの灯台に登る。
DSC00161.jpg

DSC00164.jpg

  海岸を一望!房総半島も見える。

DSC00171.jpg

  そばには、こんな姿も!

再び「三崎東岡」に戻り、「海35」系統に乗る。
DSC00180.jpg

DSC00177.jpg

海岸線を通る路線で、海も見えるのだが、前半は意外に、丘の上の畑のまわりを通っていく。

三浦半島は、海もそうなのだが、大根やキャベツなどの畑も所々あり、それだけ気候もよくて、栽培しやすいのだろう。

剱崎を過ぎると、ようやく海岸に沿って走り、夏は海水浴で賑わう三浦海岸が見えると、終点の「三浦海岸駅」着く。


DSC00181.jpg


ここから、「衣2」衣笠十字路行きで終点の「衣笠十字路」から「衣30」堀ノ内駅行きに乗り、終点の「堀ノ内駅」で今日の旅を終了する。

DSC00184.jpg


夕方になって、雪が降りだしてきた。まだまだ、冷え込みが続きそうだ。

今回の三浦半島の旅は、これで終わらない。
後日、堀ノ内駅から久里浜・浦賀をまわって、三浦半島東側を北上して行きます。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

TOK2006

Author:TOK2006
埼玉県出身長崎県育ち、現在東京在住の私が自分探しと日本人として日本という国をよく知ろうというコンセプトのもとで旅を中心に興味あること、また新しいことに挑戦していく日々を描いています。

最近、ツイッターを始めました。
旅の模様を中心に自分なりの独り言ごとを書くつもりです。

TOK2006のアンテナ

TOK2006のTwitter

過去の活動
三浦半島をバスで行く1
三浦半島をバスで行く2
環七通りをバスで行く
バスだけで家に帰る
秋のかなちゅう巡り
夏のかなちゅう巡り(09年版)
上信 バスの旅
東京・小田原 路線バス乗り継ぎ旅
小田原から・・・路線バス乗り継ぎ旅
高速バス乗り放題の旅
西日本パスで西日本周遊

路線バス巡り 天北線
路線バス巡り ふるさと銀河線代替バス
路線バス巡り 瀬戸大橋線
路線バス巡り 豊富留萌線


勝手に「乗りバス」リンク集

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。