東京発!冴えない日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

路線バス巡り 千歳線

IMG_0269_1.jpg


久々となるこのコーナー
未掲載だった北海道中央バスの札幌千歳線が今回の対象である。

北の大都会、札幌はバスターミナルが複数あって、ややこしいもので代表的な札幌駅前ターミナルがあるが、この路線は駅前ターミナルにはよらず、時計台近くの中央バスターミナルから発着する。

その最寄となる地下鉄大通駅に着いて、「バスターミナル」と書かれた案内板の従って向かうと、やけに静かな雰囲気で中央バスが見当たらない。

北都交通のバスの姿が見られ、どうやらここは、かつての市営バスのターミナルで目的地とは違う。

とりあえず、外に出てまわりを見渡すと、テレビ塔にそって中央バスターミナルを発見することが出来た。


IMG_0270_1.jpg


道内各地への高速バスが発着しているともあって、大きなかばんを持った人も見受けられるターミナルは、朝の時間に来たともあって通勤・通学の風景もある。

IMG_0271_1.jpg


バスは、そんな通勤風景が見られる札幌市内を走行、「南4西8」と地名にあたる名前を見ると、やはり北海道の地名はわかりづらい。

国道36号線を郊外方面へ
都市部に向かう反対車線が渋滞してい中で、スムーズに進んでいる。


この札幌千歳線は、全便急行で、所々のバス停を通過しては停車しているが、かつてのバス全盛期とは違って、このような急行便が全国的になくなる中で、朝から夜まで毎時1本の本数を確保している。

元々、「道内時刻表」で見つけた路線で、電車での移動が当たり前のような札幌と千歳をこうした本数があるバス路線の存在に興味を持って乗車した流れ、比較的利用者が多い、朝の時間に利用しているので、昼間はどのくらいかはわからない。


市内を走行し、さらに通勤で賑わいが目立つ福住駅のターミナルに到着、こちらで乗客の入れ替わりが目立ち、ここが主経由となっているようである。

ちなみに、この福住駅から千歳間を走る各停便もあり、実質、ここから先が路線の重要部分である。

福住駅ターミナルを出てすぐに、大きな変な形をした建物、そう札幌ドームが目の前に現れ、こちらとしてはちょっとした観光見物にもなる。


車内の雰囲気は、定期を持った常連の客で、通学する学生もいて、学校最寄のバス停では挨拶をしながら降車したり、仕事に向かう人が所々で降りたりと通勤の風景で、国道36号線は特にJRに沿っている訳ではないので、起点を除けばJRとは違う需要が高いようである。

とは言っても、国道沿いは特に企業が目立つ訳でもなく、国道にある大型店の従業員らしき人が通勤手段として利用している。


あまり渋滞してないとは言え、ズルズルと遅れが出て「恵庭駅通り」は15分遅れの通過、終点の千歳駅から電車に乗り換えるので、時計をきにしながらの移動、それでも札幌から出る長距離路線バスを堪能して、結局2時間近くかかって、千歳駅前に到着した。


IMG_0272_1.jpg


当然ながら、全線乗り通したのは自分だけ、たまにはの範囲で利用するならば全線利用もおすすめの路線であった。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

TOK2006

Author:TOK2006
埼玉県出身長崎県育ち、現在東京在住の私が自分探しと日本人として日本という国をよく知ろうというコンセプトのもとで旅を中心に興味あること、また新しいことに挑戦していく日々を描いています。

最近、ツイッターを始めました。
旅の模様を中心に自分なりの独り言ごとを書くつもりです。

TOK2006のアンテナ

TOK2006のTwitter

過去の活動
三浦半島をバスで行く1
三浦半島をバスで行く2
環七通りをバスで行く
バスだけで家に帰る
秋のかなちゅう巡り
夏のかなちゅう巡り(09年版)
上信 バスの旅
東京・小田原 路線バス乗り継ぎ旅
小田原から・・・路線バス乗り継ぎ旅
高速バス乗り放題の旅
西日本パスで西日本周遊

路線バス巡り 天北線
路線バス巡り ふるさと銀河線代替バス
路線バス巡り 瀬戸大橋線
路線バス巡り 豊富留萌線


勝手に「乗りバス」リンク集

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。