東京発!冴えない日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高速バス乗り放題の旅 完全版1

IMG_0080B.jpg

IMG_0211B.jpg


春先ごろだろうかJRバス開業20周年記念で6月に限って使用できる「高速バス乗り放題きっぷ」が発表され、物としてはすばらしいが値段はともかく6日間連続の使用制限に頭を抱え、当初買う予定がなくても何気に利用対象路線と時刻表を見比べながら脳内でのプランを作っていた。

そして、5月1日の発売日に新宿駅新南口に即購入している自分がいた。

年間で1週間近く休むのは長崎に帰省する時で6日分の時間を確保するのも難しくはないが、それでも身体は持たないだろうと3日間限りの初の高速バスだけを使った旅の幕明けである。
IMG_0203B.jpg


きっぷを購入した1ヵ月後の6月1日の利用開始日に使用開始
こういう時は様子見と始めの方は混むだろうという予想から6月2週目ぐらいから使いたかったのだが、仕事やら後の予定に影響を食らうことを考えて調整したら始めの週の1日日曜日からとなってしまった。

そんな行楽ムードも漂う東京駅八重洲口ターミナルは那須温泉行きや河口湖行きに乗車するおばさまの集団が多いなかで、第1ランナーとなるのは「プレミアム昼特急」である。

IMG_0201B.jpg


さまざまなタイプの車が走る東阪間でも乗り放題きっぷの使用制限を問わないプレミアムを狙うのは言うまでもなく、座席も1階部分のプレミアムシートに乗車することが出来、またとないチャンスだからこちらの方が人気があるだろうけど、迷った末せっかくの昼特急で眺望も楽しみたいので結局2階席にしてしまった。

IMG_0219B.jpg


座席も1C席の眺望抜群の所で、天気も座席も抜群で西に向かって発進する。


霞ヶ関ランプから首都高に入り、今回メインとなる高速道路がスタート
6月1日から改正道路交通法でシートベルト着用が義務付けられ、その旨の案内を乗務員からされる。


♪~~JRバスお馴染みのメロディから始める車内放送を聴きながら各地のJRバスに乗れる旅にもなる。(プレミアム昼特急の担当は関東車)


IMG_0207B.jpg


この日に限って行われた首都高集中工事の影響で次の乗車地、東名向ヶ丘では30分の遅れでそれでも東名はいたって順調に飛ばし、大和、厚木と各停車地の寄り、待っている人がこちらに向かって顔を覗き込むもお目当ての乗車便ではないようで、このまま東京駅からの乗客のまま足柄SAで休憩する。

IMG_0212B.jpg

IMG_0209B.jpg

↑ガソリン高いよ!

IMG_0208B.jpg


下りの東海道昼特急は初めてとあって、明るい時間に寄る足柄SAもなかなかなく、20分の休憩時間とあって貴重な昼食タイムになる。

IMG_0214B.jpg


静岡県に入り、天気も良く眺望にますます期待したいところだが富士山は雲に覆われて見ることは出来ず・・・・・・・

IMG_0216N.jpg


それでも由比の海岸線は絶好の景観でそんな静岡県内を駆け、途中の静岡ICで1名の乗車がありトータル10人ちょっとの乗客で浜名湖SAで2回目の休憩となる。

IMG_0226B.jpg

IMG_0224B.jpg


乾燥した車内でのどが渇くので、SAの休憩のたびに飲み物を買い、特に行く必要もないのにトイレに向かうのがSAにおいての不思議なことでそんなSAの駐車場を見渡すと、上りのプレミアム昼特急を発見した。

IMG_0222B.jpg



IMG_0227B.jpg

↑こちらは我が1号


IMG_0228B.jpg


三ケ日で乗務員の交代
ちょうど、駐車場にツーリングの一行が休憩していて突如現れた白い巨体に注目の的となっていたが、こちらは所定なことでむしろそちらも注目の的となっていた。

IMG_0231B.jpg


東名を順調に順調に進んでいき、ここまで順調だと逆に怖いぐらいだが、当然新名神の方に向かうことなく名神本線に進んでいく。

IMG_0236B.jpg


最後の休憩地養老SA
ここで飛騨牛関連のお土産物が売り出され、そのなかに飛騨牛を使ったカレーパンがあり、小腹が空いたので試しに食すると、これが今まで食べたカレーパンの中では抜群のおいしさでカレールーとパン生地もそうだが、揚げたてというのもあってSAの物はバカに出来ない。

名神も順調に進み、京都深草には15分遅れの18時47分に到着

IMG_0241B.jpg


その後の停車地での降車はなく、このままわずかながら時間を回復しながら定刻に近い19時30分に大阪駅桜橋口に到着した。

IMG_0242B.jpg


8時間の乗車でも全く疲れを感じさせないプレミアムのシート
足下も広々して2階席でも充分なくらいだが、次は1階席を試してみたい。

ちなみに当日の1階席は全員が女性で、もし取っていたら男自分だけである意味気まずかっただろうから、2階席にしたのは正解であった。


IMG_0244B.jpg


遅れのことも考えて、次の便までは時間を取っていたので、余った時間で大阪の街を散策
現地に住む友人と再会して、相変わらず乗る位置を間違えてしまう関西式のエスカレーターに戸惑いながら、夜がますますふけた頃に三宮に移動して・・・・・・・

IMG_0253B.jpg

IMG_0255B.jpg


出雲行きの「ポートレイク号」を今宵の宿として、夜明けに着く初上陸地にワクワクするのでありました。
23時30分の発車後にすぐに消灯して、寝る体勢に入らなければいけないが、先ほどのプレミアムとは違う普通の3列席にまずはいかに熟睡するかが問題である。


参考:プレミアムドリーム・昼特急(ジェイアールバスミュージアムより)
    東海道昼特急大阪号(ウィキ)

    パート2へ続く
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

TOK2006

Author:TOK2006
埼玉県出身長崎県育ち、現在東京在住の私が自分探しと日本人として日本という国をよく知ろうというコンセプトのもとで旅を中心に興味あること、また新しいことに挑戦していく日々を描いています。

最近、ツイッターを始めました。
旅の模様を中心に自分なりの独り言ごとを書くつもりです。

TOK2006のアンテナ

TOK2006のTwitter

過去の活動
三浦半島をバスで行く1
三浦半島をバスで行く2
環七通りをバスで行く
バスだけで家に帰る
秋のかなちゅう巡り
夏のかなちゅう巡り(09年版)
上信 バスの旅
東京・小田原 路線バス乗り継ぎ旅
小田原から・・・路線バス乗り継ぎ旅
高速バス乗り放題の旅
西日本パスで西日本周遊

路線バス巡り 天北線
路線バス巡り ふるさと銀河線代替バス
路線バス巡り 瀬戸大橋線
路線バス巡り 豊富留萌線


勝手に「乗りバス」リンク集

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。