東京発!冴えない日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕の夏休み 長崎をぶらぶらと(後)

IMG_1660B.jpg


長崎の中心、中央橋から歩きに歩いて石橋電停まで辿り着いて、ふとあてもなく涼しさを求めて電車の乗り込んだ。

IMG_1662B.jpg


路面電車もスマートカードを導入するようになって、車両とは合わない現代版の運賃箱に味気ない気もするが、そこはしっかりとスマートカードで乗っている。

すべての車両に導入されているわけではないので、薬袋での両替シーンはまだまだ見られるが、運賃100円が来年度に値上げの方針の話もあり、着実に昔とは変わってくる。

そんな路面電車にあてもなく揺られながら、行き先を考えているうちに終点の蛍茶屋に着いた。
IMG_1665B.jpg

東京に来る前、高校時代を長崎で過ごした記憶を振り返りながら商店街などを散策して、中島川沿いに進み眼鏡橋を見たりしながら路地のある光景も眺めている。


IMG_1670B.jpg

その路地にある「きっちんせいじ」は実物の路面電車をモチーフにしたお店で、名物のトルコライスを昼食にしようとも思ったが、それ以上に昔から行きたい所があるのを思い出した。



IMG_1671B.jpg

カレーの夕月
オレンジ色のインパクトがある伝統あるカレーに興味をそそられ、昔の記憶を頼りにお店を探すもなかなか見つからず、ようやく調べて見つかった場所はいつの間にか移転して新しいお店になっていた。

見た目と違い、中身ときちんとしたカレーにお腹を満たし午後の部へと移る。
長い時間をかけて行動しているように見えるが、先程までは午前中にやっていたことで、メインはこれからである。


IMG_1672B.jpg

長崎港にやって来た

IMG_1675B.jpg

次の目的地は、長崎市となった伊王島への島巡り


IMG_1701B.jpg

小学生の時以来となる伊王島の上陸だが、まず驚いたのが、その島に上陸する人の数
かつては、フェリーに揺られること40分ぐらいで人も少なく、まったりと行けたものだが、高速船で20分で行ける現在は船の定員に満たすぐらいの人の多さで、主に海水浴をメインとした泊りがけで来ている人も多く、港から出る海水浴場に行くバスも多かった。

そんな自分は、かつて訪れた時にも使った港そばにある商店からレンタサイクルで島をひとまわり
短い滞在時間では歩いてまわるのは厳しいのである。

IMG_1678B.jpg

島のシンボル、伊王島教会を見つつ


IMG_1679B.jpg

これは、伊王島と本土とを結ぶ「伊王島大橋」の橋脚
長年、作っているように見えていまいち進歩していなかったが、こうして形が出来て2年後には完成するようだ。


IMG_1688B.jpg

島のメインルートを駆け抜け、こうして見ると道自体も近年、整備されたようで今まで来ないうちに島もじょじょに変わっているようだ。
かつては、西彼杵郡伊王島町の町単独が長崎市に編入されたのが大きな変化で、昔の名残を消すかのように長崎市の文字がやたらある。


IMG_1685B.jpg


こちらは、対岸にある高島で伊王島と同じく単独の町が長崎市に編入された島で、ここは未訪問なのでまた帰った時にでも行ってみたい。

IMG_1689B.jpg

とりあえず、今日は伊王島に専念する為に、海岸線沿いに海風にあたりながら走り・・・・・・・

IMG_1697B.jpg

観光客をメインである海水浴場を見ながら、ほぼ島1周のさるくと言えるのかわからないけど伊王島散策となりました。

IMG_1690B.jpg

そんな1日中動かした身体を休めるべく、「やすらぎ伊王島」で入浴して帰路につく。
今回、このやすらぎ伊王島の日帰り入浴パックで来ていて、普通に島を往復するだけで1300円なのに、この値段だから安く、入浴も出来てお得な訪問であった。

IMG_1693B.jpg

IMG_1705B.jpg


帰りも多くの人を乗せた船に揺られながら、自分が長崎を離れてからの変わり映えに今一度、見直そうとも考えた日でもあった。
長崎の街は歩くだけでも楽しいもので、町ごとにある個性を見つけながら再発見にもつながる、そんな長崎散策をこれからも続けたいものです。




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

TOK2006

Author:TOK2006
埼玉県出身長崎県育ち、現在東京在住の私が自分探しと日本人として日本という国をよく知ろうというコンセプトのもとで旅を中心に興味あること、また新しいことに挑戦していく日々を描いています。

最近、ツイッターを始めました。
旅の模様を中心に自分なりの独り言ごとを書くつもりです。

TOK2006のアンテナ

TOK2006のTwitter

過去の活動
三浦半島をバスで行く1
三浦半島をバスで行く2
環七通りをバスで行く
バスだけで家に帰る
秋のかなちゅう巡り
夏のかなちゅう巡り(09年版)
上信 バスの旅
東京・小田原 路線バス乗り継ぎ旅
小田原から・・・路線バス乗り継ぎ旅
高速バス乗り放題の旅
西日本パスで西日本周遊

路線バス巡り 天北線
路線バス巡り ふるさと銀河線代替バス
路線バス巡り 瀬戸大橋線
路線バス巡り 豊富留萌線


勝手に「乗りバス」リンク集

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。