東京発!冴えない日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年またぎの初外出2

IMG_2805.jpg

寝台特急あけぼのを弘前で降り、五能線を乗り継いで五所川原にやってきた。

折しも半年も経たない昨年9月にリゾートしらかみで通ったばかりで、この頻度で来ることは考えていなかったが、この時に目に入った津軽鉄道に乗りたい欲は通ると出てくるもので・・・・・・


IMG_2809.jpg

そういうことで津軽鉄道の簡単な乗車記であります。
真冬のこの日の乗車は、もちろん名物の「ストーブ列車」


IMG_2826.jpg

IMG_2823.jpg

IMG_2828.jpg


ストーブ近くの席について早速スルメやもちを焼き始める光景があり、その香りが車内に漂うことは、この列車にとって日常のことで、駅にはこうした食材が販売されているのも特徴である。

元旦なので少ない乗客でマッタリとした列車の旅を過ごす・・・・・・・・・そんなことを思い描くのは大きな間違いで、五所川原駅には大型バスが着くと大勢の人が降り立ち列車に乗り込む

こうしたストーブ列車に乗車するツアーがコースに組み込まれているようで、正月にも関わらず旅行ツアーをするのか!と突っ込みたくもなるが、こうして乗車率100%の車内でほとんど身動き出来ず固まりながらストーブを堪能している。


そんな寒さを吹き飛ばすストーブだが、満室の車内の影響ではないけど車内は非常に暑く、窓が開ける所も出てくる。
真冬とは言え、例年より暖かい津軽地方であって、極寒を覚悟に装備してきただけに拍子抜けで、これだと夏のガマン大会のように暑い。


IMG_2837.jpg
↑清々しくも雪も例年より少ない津軽平野


地吹雪があるなかで走る鉄道において、ストーブ列車はこうした環境を乗り切る装備だが、この日はそれを生かすことがなく旅行としては最高なコンディションでも複雑な面を持ちながら金木駅に到着する。


IMG_2841.jpg
↑金木駅にてストーブ列車の最後部に連結している一般車と上り列車の対向

時間の関係で金木で下車し、待ち合わせている上り列車にそのまま乗り換えて、来た道を風景をじっくり見ながら戻る。


IMG_2842.jpg
↑運転席脇にある小説 太宰治作品ももちろんある。


なかなか途中の無人駅での乗降がないまま、止まったらドアを開けてすぐ閉めて発車するパターンで、元旦らしいとは言えばそうかもしれないけど、先ほどの混雑ぶりだと正月とは思えない余韻が残り、これも観光客が大きなウェイトを占める津軽鉄道の光景を見た気もする。

再び五所川原駅に到着し、津軽鉄道の旅が終了し次なる場所へ移動します。


IMG_2844.jpg
↑出番を待つ津軽鉄道の除雪車

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
プロフィール

TOK2006

Author:TOK2006
埼玉県出身長崎県育ち、現在東京在住の私が自分探しと日本人として日本という国をよく知ろうというコンセプトのもとで旅を中心に興味あること、また新しいことに挑戦していく日々を描いています。

最近、ツイッターを始めました。
旅の模様を中心に自分なりの独り言ごとを書くつもりです。

TOK2006のアンテナ

TOK2006のTwitter

過去の活動
三浦半島をバスで行く1
三浦半島をバスで行く2
環七通りをバスで行く
バスだけで家に帰る
秋のかなちゅう巡り
夏のかなちゅう巡り(09年版)
上信 バスの旅
東京・小田原 路線バス乗り継ぎ旅
小田原から・・・路線バス乗り継ぎ旅
高速バス乗り放題の旅
西日本パスで西日本周遊

路線バス巡り 天北線
路線バス巡り ふるさと銀河線代替バス
路線バス巡り 瀬戸大橋線
路線バス巡り 豊富留萌線


勝手に「乗りバス」リンク集

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。