東京発!冴えない日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西日本パスで西日本周遊 2

IMG_3694.jpg

食と周遊にすっかり観光気分の敦賀を特急雷鳥であとに、この特急列車名をあえて付けているのは、あえてこれに乗車した為で、間もなく引退が予定される北陸路の485系を試してみるのである。


IMG_3695.jpg

さぞかし週末の昼下がりで混んでいるかと思えば、この有様でメインを新型のサンダーバードに委ね、あくまでもサブ的な役割のようで、かえって快適な車内で湖西線のお初となる。

IMG_3698.jpg

IMG_3699.jpg


近江塩津までのループ峠を抜け、湖西線の高規格線路を駆け抜けると同時に琵琶湖が出現し、その大きさにまるで海のように見えるのは相変わらずと言うより、この景色だとなおさらそう見えてくる。


どこか地方線区をとことこ走っているイメージの485系もここではかっとびモードで、最初で最後の体験であろうの乗車を堪能しているうちに、あっという間に京都を経て大阪に到着する。



IMG_3702.jpg


そんな大阪、今回はあくまでも通過地で寄ることはないけど、様子を見るとインフルエンザもだいぶ落ち着きマスク姿が目立つほどではぐらいの程度で、人々の様子は至って普段と変わらず安心はしている。

お次は1日目のラストランナー

IMG_3703.jpg

IMG_3704.jpg


特急はまかぜ
乗車に関しては、本日のメインとなる楽しみにしていたキハ181系に乗車で、こちらも来年あたりを目途に新型車両への置き換えが発表され、なくなる前に乗っておきたかったという思いで、この西日本パスがタイミング良く出てくれたものだ。


大阪発の最終となる5号は、大阪を夕方のラッシュ時間の出るとあって帰宅客で混んでいる。

と思いきや・・・・・

IMG_3708.jpg

指定席はご覧の様子で、少なくとも鳥取まではスーパーはくととして、それ以外の需要客はいるかと思っていたが、かえって寂しいぐらいの車内は、どちらかと言うとこちらが目立ってしまう。

大阪を発車すると、エンジンの独特サウンドを初耳にうなるかのような加速のしかたに気合いが入っているように聞こえても、お隣を走る快速電車に早速抜かれ、特急としてのメンツはどこへ行ったのやらと言いたいが、気動車あるがゆえに、この辺では特急電車より快速扱いの電車がスピード面では軍配が上がっているのだから、なんとも言えない。


そんな神戸方面の東海道線では、あとから追いかけてくる新快速電車から逃げる為に、必死に走る姿が印象的で、老体の181系にとっては無理してるかもしれないけど、それがかえって爽快感をもたらしてくれ、日が沈み始めた景色を眺めながら体験している。


IMG_3712.jpg


IMG_3713.jpg
↑高架になった姫路にて


姫路からはようやくまとまった乗車があり、号車によっては団体客いる中で播但線に入っても、外はすっかり暗くなって景色は見えづらくなり、外を見ようにも窓に反射する自分と車内とネオンの灯りがすっかりなくなり、この旅初めて迎える単線区間に同時にローカルムードが漂ってくる。


単線でおなじみの対向列車の待ち合わせに、こちらが相手を待つ状態なんだけど、実は遅れているらしく、その理由が相手列車が「鹿をはねました」というアナウンスに、こういうのは北海道ぐらいかと思っていただけに驚いてしまった。

播但線内停車駅で、少しずつ降車があり、再び静かさを取り戻し落ち着いたところで、本日の夕食


IMG_3716.jpg
↑敦賀駅で購入した鯛鮨


IMG_3723.jpg

そして、暇なので車内探索でもすると、お隣はグリーン車でここは特に人ひとりもいない異空間で全体の様子も凄いけど、もっと凄いのがシートで、とてもグリーン車とは思えないシートだけど、これが国鉄時代からの物なので、こんな遺産がある、はまかぜは凄いと感じさせられ、せめて通路のレッドカーペットは風格を表している。

よく見るとこの席、長崎と佐世保を結んでいるシーサイドライナー使われていたタイプで、昔座ったことあるなと思い出す。


IMG_3724.jpg

こちらは普通席で、座席としてはこちらがいいのではと見えるけど、ご覧のように和田山から山陰本線に入ると、こんな状態になり、グリーン車では始発から貸切状態になっても不思議ではないので、1車両まるごと貸し切ったと思えば、グリーン料金に納得しても良いかもしれない。

こんな感じで、山陰本線を駆けながら初体験となる餘部鉄橋を暗闇の中で、目を凝らしながら通過し鳥取県内に入り、浜坂でまとまった降車を見届け、長い4時間の気動車移動で終点の鳥取に到着する。


IMG_3726.jpg

IMG_3727.jpg

駅も町もすっかり1日が終わろうとしている雰囲気の中、自分も長かった1日を鳥取で終わらせ、翌日に備えるのである。


パート3へ続く
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

TOK2006

Author:TOK2006
埼玉県出身長崎県育ち、現在東京在住の私が自分探しと日本人として日本という国をよく知ろうというコンセプトのもとで旅を中心に興味あること、また新しいことに挑戦していく日々を描いています。

最近、ツイッターを始めました。
旅の模様を中心に自分なりの独り言ごとを書くつもりです。

TOK2006のアンテナ

TOK2006のTwitter

過去の活動
三浦半島をバスで行く1
三浦半島をバスで行く2
環七通りをバスで行く
バスだけで家に帰る
秋のかなちゅう巡り
夏のかなちゅう巡り(09年版)
上信 バスの旅
東京・小田原 路線バス乗り継ぎ旅
小田原から・・・路線バス乗り継ぎ旅
高速バス乗り放題の旅
西日本パスで西日本周遊

路線バス巡り 天北線
路線バス巡り ふるさと銀河線代替バス
路線バス巡り 瀬戸大橋線
路線バス巡り 豊富留萌線


勝手に「乗りバス」リンク集

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。