東京発!冴えない日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西日本パスで西日本周遊 4

IMG_3817.jpg

奥出雲おろち号での木次線の旅を終えて、備後落合からは芸備線に乗り換え、着実に中国山地を抜けて南下してきている。

わずかな時間で乗り換えたものの、この備後落合という所のあまりにも閑散とした姿にはビックリするもので、かつて急行列車の終点でもあり、芸備線の要所駅でもあるので、それなりの所のイメージだった。


キハ120によるワンマン列車は、おろち号から乗り換えた客で占めているけど、団体さんは手前の油木で下車しているので、落ち着いた車内で備後落合を発車、途中で運行障害で足止めを食らうが、その理由が「猪が穴を掘った跡が見つかったので、注意して運行してくれ」とのことで、昨日のシカといい、この辺は動物絡みによる障害が多いのかと不思議にもおもしろいとも考え、終点三次で乗り換える。


IMG_3820.jpg

乗り換えた快速列車で一気に広島へ、だけど都市部に向かう列車で1両なんて大丈夫なのかと少し不安を感じながら、車内はボックス席が埋まり、ロングシートしか空きがないので、この旅初めて座り慣れた席に揺られるも、どうも気動車だと旅情感覚なので、腑に落ちない。


広島市内に入り、各駅で乗車人数が増え各席満席になるも、つり革がすべて埋まるぐらいの乗車率100%にあたるぐらいの人数で広島駅に近づく。

データイムの芸備線でも、この程度なら1両でも平気なのかという発想なのか、それでも都市間輸送である路線なので、気付くこと考えることも多々で、最後は広島貨物ターミナルに隣接するマツダスタジアムを見上げながら到着する。


IMG_3827.jpg

山陰地方から中国地方最大の都市広島、前日からありとあらゆる都市を通り来られたのも、パス特典であり、一体どこに行きたいのかわからなくなるけど、忘れかけていたご当地グルメは言わずともお好み焼き


IMG_3821.jpg

昨年と同様、お好み村で数ある店の中からいただいたけど、店を迷う中で年期の入ったおやじさんがいる店に、この人はただ者ではないと勝手に決めつけて入店し、吉と出るかはそのとおりであり、あらためて関西とは一味違うのを見せ付けられました。


IMG_3822.jpg

中国地方最大都市広島、くどいようだけど、そんな地でこんな車が第一線で活躍しているのも凄い地で、エコ車になった現代でも爆音を響かせているのが印象です。


そんな広島をあとにするのは新幹線
パスだと新幹線も乗り降り自由で、ようやく特典にありつけ自由に乗る列車選べるなんて、滅多に乗らない者にとって贅沢であり、とりあえず用途を考えて・・・・

・指定席が2+2で快適なひかりレールスター
・コンセント装備のN700使用ののぞみ


の2点から充電が必要なのが最大の理由で、後者にし


IMG_3829.jpg

IMG_3830.jpg

行き先は九州、本日の宿泊地が小倉にあるので、あとは現地に向かうだけど特にやりたいことも考えてなかったので、博多に行ってラーメンでも食べようというのが最有力で、パス自体は長崎まで使用可なのでネタで行こうということも胸躍らせたが、結局博多で留まった。


IMG_3831.jpg

そんな時にまだ未乗路線があるのを思い出し、新幹線ホームからそのまま列車に乗り継ぎ・・・・・


IMG_3833.jpg

博多南へと向かいます。
こだまで到着した100系は、おそらく小学生の時に初めて新幹線に乗った時以来のご無沙汰もので、今や東京で見かけなくなった顔は懐かしい部類に入るものとなり、急速進んだ新幹線の発展を裏付けますが、博多から入れ変わった博多南線の乗客はラフな格好から部活帰りの学生という通勤路線そのもので、のんびりと10分間揺られ博多南に到着します。


IMG_3838.jpg

かつて、車で車両基地に見に来たことあるけど、しばらく来ない間にまわりの建物が増え変貌を遂げた駅周辺


IMG_3837.jpg

準備工事していた九州新幹線用の高架線路も南に向けて繋がり、近いうちに高速列車が駆けていく姿がわかる光景で、その時はこの路線はどうなるのかと言う疑問が出てくるけど、その辺は現在協議中のことらしい。



ところで、やっぱりこの駅で凄いのがこの光景・・・・


IMG_3843.jpg

子供が喜びそうなのは言うまでもなく、大人もつい反応する光景にただただ見とれてしまうが、500系はこだま用ではなく、れっきとした16両編成タイプなのでのぞみ車が顔を揃えたことになる。


そんな気になるのぞみはもうひとつあった!

IMG_3835.jpg

この地だから、この名前にしたのか考えられるのはそればかりは真相は不明でも、新幹線と大変関わりある町だというのは確かで、折り返しの博多行きに乗車して、あらためて毎日10分の短い時間で新幹線車両で通勤出来る羨ましさを思いながら九州に帰ってきていることをすっかり忘れていた。


IMG_3849.jpg

小倉に移動し本日の宿泊地へ



IMG_3851.jpg

IMG_3853.jpg

関西汽船が運航する松山行きのフェリーを寝床に四国へと向かいます。
初めて過ごす船内泊で、新鮮すぎる旅の満喫に浸りながら、翌日の四国上陸に期待がかかります。


パート5へ続く
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

TOK2006

Author:TOK2006
埼玉県出身長崎県育ち、現在東京在住の私が自分探しと日本人として日本という国をよく知ろうというコンセプトのもとで旅を中心に興味あること、また新しいことに挑戦していく日々を描いています。

最近、ツイッターを始めました。
旅の模様を中心に自分なりの独り言ごとを書くつもりです。

TOK2006のアンテナ

TOK2006のTwitter

過去の活動
三浦半島をバスで行く1
三浦半島をバスで行く2
環七通りをバスで行く
バスだけで家に帰る
秋のかなちゅう巡り
夏のかなちゅう巡り(09年版)
上信 バスの旅
東京・小田原 路線バス乗り継ぎ旅
小田原から・・・路線バス乗り継ぎ旅
高速バス乗り放題の旅
西日本パスで西日本周遊

路線バス巡り 天北線
路線バス巡り ふるさと銀河線代替バス
路線バス巡り 瀬戸大橋線
路線バス巡り 豊富留萌線


勝手に「乗りバス」リンク集

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。