東京発!冴えない日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西日本パスで西日本周遊 5

IMG_3858.jpg


前日の晩に小倉から乗り込んだ関西汽船の松山行きフェリー
2段ベットの2等寝台に乗船し、なんとか寝つけた感じで、これなら雑魚寝タイプの一般2等もいいもので、穏やかな瀬戸内海を快適に過ごせた船内泊であった。


IMG_3860.jpg

ということで午前5時に松山観光港に到着し、特に四国に来た実感もなく3日目最後の西日本パスの旅となります。

IMG_3861.jpg

この松山観光港から出ている市内向けバスは、港のリムジンと言わんばかりにおそらく松山空港リムジンと共通なのか前方に荷物置き場を備えたタイプで、車内はたちまち小倉からの乗船客でほぼ満席となると、これから目覚めようとしている松山の町を駆け抜け、市内中心部へと走る。

降りるほとんどの乗客が、支払いの際に伊予鉄のICカード「い~カード」を使用している様子だと船内客の大半が松山の人だとわかり、予想以上のフェリー利用者も相まって、結構松山から九州ルートとして定着しているようだ。


そんな自分は終点の道後温泉まで・・・・・

IMG_3862.jpg

IMG_3868.jpg


船内で一晩過ごした分、この道後温泉本館の朝風呂で午前6時のオープンと同時なので貸切に近いことも期待したが、見事に浴衣姿の観光客ばかりの中での一浴びで早朝から混んでいる。


IMG_3872.jpg

IMG_3873.jpg

この松山での滞在は、朝風呂と朝食のほんのわずかなもので、相変わらず街並みを見ても良い印象で長く滞在したいけど、まだまだ更に四国を探究しようと松山を発ちます。


IMG_3884.jpg

高松からのいしづち宇和島行き
乗車面では2000系のディーゼル特急も楽しみのひとつで、この旅でさまざまな気動車にも乗車が出来るのも良い点で、こちらも前日の187系に負けず、むしろ高速面では元祖なので1時間ちょっとで予讃線を西へと駆けて行く。

IMG_3887.jpg

内子まわりの山あいから海原が見えると宇和島が近づいてきた証しで、快晴だと特に南国ムード漂う宇和島に到着


IMG_3889.jpg

IMG_3894.jpg

わずかな乗り換え時間で外に出たりと慌ただしくしながら、今度は予土線を走る普通列車に乗り換え、四国でも難関でも路線、だけどルートでも景観でも避けて通れないだけに、うまく乗り継ぎが出来る貴重さは安堵感にも浸りながら、閑散路線らしい1両編成のワンマン列車の旅に浸ります。


そんな乗客の構成は、地元客のおばあちゃんの他にパス使用かどうかはわからないけど明らかに旅行者と、その中には外国人夫婦もいて、これは単なる閑散路線を走る雰囲気ではない模様

運転士は見習いで、そばに先生役の指導運転手がついており、ひとつひとつの動作を大きな声で喚起して、いつもと違う光景が更に雰囲気が異なっている。

比較的駅間が短く、バスに乗車している気分で一駅ごとにおばあちゃんが下車し、見習い運転士も駅ごとのブレーキを扱いを指導を受けながら、長い予土線の運転は彼にとって、もっと長い時間に感じているのだろう。


IMG_3902.jpg

IMG_3898.jpg

途中の江川崎で列車交換の為に数分停車
基本トイレがない車両だけに、全線乗るとこうした停車はありがたく、少しずつ見え始めている四万十川と暑いくらいの陽気に典型な日本の夏休みの光景で、これが予土線の魅力のひとつ


IMG_3907.jpg

IMG_3908.jpg

江川崎を出ると見えてくる四万十川の眺めは、路線最大の醍醐味で日本三大清流を初めてこの目に焼き付けて列車旅の良さがしみじみと思っている。

そして、次の駅半家は「はげ」と呼ぶことで有名であり、停車時の運転士の「はげ、ていしゃ!」の喚呼にわかっていても、おかしさが出てしまい、そんな駅を車内から記念で一枚

IMG_3911.jpg


そんな清流四万十川の眺めに楽しみつつ、全線2時間乗りつくして終点の窪川に着きます。

IMG_3917.jpg

この段階で高知県に入っているけど、県庁所在地高知市へと足を運び、この旅メインである目標達成に向けて移動となります。


パート6へ続く
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

TOK2006

Author:TOK2006
埼玉県出身長崎県育ち、現在東京在住の私が自分探しと日本人として日本という国をよく知ろうというコンセプトのもとで旅を中心に興味あること、また新しいことに挑戦していく日々を描いています。

最近、ツイッターを始めました。
旅の模様を中心に自分なりの独り言ごとを書くつもりです。

TOK2006のアンテナ

TOK2006のTwitter

過去の活動
三浦半島をバスで行く1
三浦半島をバスで行く2
環七通りをバスで行く
バスだけで家に帰る
秋のかなちゅう巡り
夏のかなちゅう巡り(09年版)
上信 バスの旅
東京・小田原 路線バス乗り継ぎ旅
小田原から・・・路線バス乗り継ぎ旅
高速バス乗り放題の旅
西日本パスで西日本周遊

路線バス巡り 天北線
路線バス巡り ふるさと銀河線代替バス
路線バス巡り 瀬戸大橋線
路線バス巡り 豊富留萌線


勝手に「乗りバス」リンク集

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。