東京発!冴えない日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の沖縄へ 1

IMG_01181209.jpg

昨年12月のある日、ある複雑な思いで羽田空港にいた。

その内容は、その年の春先ごろに行おうとしたマイル特典航空券で行く沖縄のリベンジで直前になってキャンセルを余儀なくされた時から数か月が経ち、ローシーズンとなる12月を狙って再度石垣島往復を手配した。
肝心の石垣島に行くムードが直前まで出てこなくて、前回の失敗から果たしてこんなのでいいのだろうかと言う思いはあった。

普段の旅行にしては珍しく、ガイドブックを購入しいまいち情報はわからない地と南国に連日天気予報を確認して、夏バージョンの服も用意し、いつもの仕事明けで出かける普段のムードから空港に搭乗口に入った時には少しずつ旅モードへと変化してきた。


そんな訳で日本の南、石垣島への出発です。

那覇へのアプローチは13時15分発の129便
なるべく午前中に立ちたかったけど、人気があるのか早朝・午後以外のいい時間帯はすでに「×」マークで出発遅い分ゆったりと空港に来ることは出来た。

ボーイング747には幹線系統でしか乗る機会がなくなり、まったりとした空間を味わうべく最後部席を取ろうとするも翼より後部はすでに押さえられていたので、団体がいると予想したら案の定修学旅行の一行が大勢おり、この時期の修学旅行はやはり沖縄が人気のようだ。


そういえば、そろそろあれが来る時間だと構えていたら搭乗機の隣へ・・・・

IMG_01241209.jpg

現在のトリトンブルーカラーしか知らない世代にとっては、テレビや本で見たものが現実に蘇るとは思いもせず、今度は外からじっくり見てみよう。

いろいろありながら、搭乗し2階77Aにつくと2階だろうと地上走る乗り物と違いそれは大して変わりなく、利点と言えば窓下にも荷物置きがあることで、以前にも経験しておきながら、いつもの感じで天井側の荷物置きに預け、気づいて慌てて取り出してしまうのは後の話だけど、復路便の747でも同じだった。


IMG_00191209.jpg

那覇行きのコース三浦半島上空から太平洋に至るとすぐにこんな模様で、ここで眠りに入り気付くと着陸態勢に突入しているところだった。
まわりは海しか見えない光景に那覇空港R18からの着陸だと判断出来、那覇名物の低空飛行でひたすら海に近い高さで飛び続け、滑走路の沖合にある「めんそーれ・おきなわ」の文字が見えると定刻どおり那覇空港に到着する。

IMG_01291209.jpg

次の石垣行きまで乗り換え時間が25分とシビアではあるが、同一ターミナル内で定刻であれば気になっていたのをよそに余裕がありすぎるぐらいで、那覇までの長い飛行時間があってもまだまだ気力は十分である。

IMG_01341209.jpg

そして1779便石垣行きは、楽しみの方が大きく、ただ石垣に行くだけでなく初めて乗るボーイング737と初めてのエアニッポン便と中身はANAと変わりなくとも少し新鮮であった。

ついでに機長は外国人というのもそのポイントであるが、巡航に入り挨拶の際には「ミナサン、コンニチハ・・・・」
と片言の日本語案内でそれほど何言っているかわからず、当たり前だけど英語案内に入るとペラペラだった。


さて、フライト1時間でも結構な高度を飛ぶもので、それでも雲ひとつなくきれいな海と島々が良く見え・・・


IMG_00311209.jpg
↑北端の池間島と共に見える宮古島

IMG_00351209.jpg

宮古島が見えれば滑走路が目立つ下地島がよくわかり、おそらく一般の人は滑走路がよくわかる方でこちらが宮古島だと思う人がいるかもしれないけど、この1か月ほどで下地島の知名度が世に知れ渡るとはこの時は思いもせず、いつかこの島々にも行ってみたいと早くも考えていた。

今回の目的はくどいようだけど石垣島、飛行機が低空となって現れた大地にこれから待ち受ける期待やらなんやらの思いで陽があるうちに石垣空港に到着した。

IMG_01371209.jpg

降りた瞬間から気候の違いが身体に伝わり、初めて目にする石垣の文字にようやく上陸出来たことに内心感動ムードでありました。

IMG_01381209.jpg

本来は石垣空港名物の後部からの降機に期待して、最後部席を取ってましたが今回はそれが叶わず、東京からの4時間に及ぶフライトが終了した。

時間が長いというより、この時間で南の島に来れるのだから飛行機はやはりすごいというのが大きかった。

ということで、翌日は石垣観光へと続きます。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

TOK2006

Author:TOK2006
埼玉県出身長崎県育ち、現在東京在住の私が自分探しと日本人として日本という国をよく知ろうというコンセプトのもとで旅を中心に興味あること、また新しいことに挑戦していく日々を描いています。

最近、ツイッターを始めました。
旅の模様を中心に自分なりの独り言ごとを書くつもりです。

TOK2006のアンテナ

TOK2006のTwitter

過去の活動
三浦半島をバスで行く1
三浦半島をバスで行く2
環七通りをバスで行く
バスだけで家に帰る
秋のかなちゅう巡り
夏のかなちゅう巡り(09年版)
上信 バスの旅
東京・小田原 路線バス乗り継ぎ旅
小田原から・・・路線バス乗り継ぎ旅
高速バス乗り放題の旅
西日本パスで西日本周遊

路線バス巡り 天北線
路線バス巡り ふるさと銀河線代替バス
路線バス巡り 瀬戸大橋線
路線バス巡り 豊富留萌線


勝手に「乗りバス」リンク集

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。