東京発!冴えない日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京のバス運賃事情(前編)

都営バスの旅の巻末に書いた「都営バスの運賃は200円」あくまでも基本は前乗り、先払いの200円均一なのだが、必ずしもそうではないので紹介します。

都区内を走る路線に「学」系統と呼ばれる路線がある。
字を見て想像できるかもしれませんが、通学者をメインにした学校への路線として、運賃が下げられていて170円である。

現在、6路線あり内訳は

    「学01」系統・上野ー東大構内

    「学02」系統・高田馬場駅ー早大正門

    「学03」系統・渋谷駅ー日赤医療センター

    「学05」系統・目白駅ー日本女子大(直通)

    「学06」系統・恵比寿駅ー日赤医療センター

    「学07」系統・御茶ノ水駅ー東大構内

である。
直接、大学まで行くのもあれば「学03」「学06」のように沿線に学校が点在するため、このようになっている路線もある。

あくまでも、「学」がつくが一般路線なので、一般の人も使えて、運賃170円というのは変わらない。

続いて、都営バスには青梅地区を中心とした多摩地域にも路線が存在して、こちらは、一般的な距離制の後乗り、後払いシステムである。
そのため、バスそのものが都区内で走っているものと違って、整理券、運賃表が付いたものを使用している。

青梅駅・東青梅駅を中心に御嶽や高水三山登山の入り口、上成木などを走っており、ハイキングや散策にピッタリだと思う。

ただし、都営バスの旅に使用した都営バス1日乗車券500円のタイプは使用できないが、700円の都営地下鉄・都電も使えるタイプは使用できるので、1日で都区内をまわり、青梅地区もまわることができる。

普通なら、中央線・青梅線で青梅へと考えてしまうが、青梅地区の都営バスが都区内寄り1番東側、西武新宿線西武柳沢駅まで路線がある。
それが、柳沢駅(一部、小平駅)ー青梅車庫を結ぶ「梅70」系統である。

青梅街道をひたすら進み、武蔵村山市内やJR八高線箱根ヶ崎駅・青梅線東青梅駅・青梅駅を経由するこの路線、具体的な所要時間は不明だが、2時間以上かかり、東京都内のバス路線で1番長いと言われている。

距離は長いが、都会から郊外へと変わる景色を見ながら行くには面白いと思う。         
スポンサーサイト
コメント
ありがとうございました
面白い記事ですね。お気に入りに入れさせてもらいました。
2006/01/22(日) 05:02 | URL | わかたの兄 #-[ 編集]
わかたの兄様
コメント及びお気に入り登録ありがとうございます。
これからも、頑張りますので、ご愛好のほどよろしくお願いします。
2006/01/22(日) 15:00 | URL | tok2006 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

TOK2006

Author:TOK2006
埼玉県出身長崎県育ち、現在東京在住の私が自分探しと日本人として日本という国をよく知ろうというコンセプトのもとで旅を中心に興味あること、また新しいことに挑戦していく日々を描いています。

最近、ツイッターを始めました。
旅の模様を中心に自分なりの独り言ごとを書くつもりです。

TOK2006のアンテナ

TOK2006のTwitter

過去の活動
三浦半島をバスで行く1
三浦半島をバスで行く2
環七通りをバスで行く
バスだけで家に帰る
秋のかなちゅう巡り
夏のかなちゅう巡り(09年版)
上信 バスの旅
東京・小田原 路線バス乗り継ぎ旅
小田原から・・・路線バス乗り継ぎ旅
高速バス乗り放題の旅
西日本パスで西日本周遊

路線バス巡り 天北線
路線バス巡り ふるさと銀河線代替バス
路線バス巡り 瀬戸大橋線
路線バス巡り 豊富留萌線


勝手に「乗りバス」リンク集

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。