東京発!冴えない日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つくば号とかしま号

DSC00768.jpg


高速バスが盛んな九州に育った者にとって、それほど首都圏では高速バスが利用されないイメージがあって、初めて東京駅での行列を見て驚いたこの2路線、かしま号(東京駅ー鹿島神宮駅)は昨年と昨日の2回ほどでつくば号(東京駅ーつくばセンター)は先日の筑波山に行った帰りに初めて使ってみた。


つくば号は、つくばエクスプレスの影響で乗客の大幅減でかつては10分間隔という高速バスではものすごい頻度から20~30分おきとまた、国内では唯一の全長15メートル2階建ての「メガライナー」と呼ばれる特殊バスで大きな輸送力を行っていたが、必要なくなり現在ではこちらで使われている。

私が使った時はつくばセンターから3人と始発では少ないが、途中から少しずつ乗ってきて、全体の6割ぐらいの乗車率となった。

バス停によっては、つくばエクスプレスからの駅から遠いので、まだまだ高速バスとしての存在が維持できるようだ。


かしま号も意外と始発である鹿島神宮駅からだと少なく、途中の住友金属や鹿島セントラルホテルからサラリーマンなどの客で、最後の停車地である水郷潮来のバス停から満員の状態で、東関東自動車道にのって東京に向かう。

昨日も、何気にすぐに出るバスを鹿島神宮駅から乗ろうとしたら、前に並んでいたおばさんから「次の直行便が早く着きますよ」と言われ使ってみる。

直行便は、駅ではなく鹿島サッカースタジアムが始発で少々遅れてきたが、駅を出ると乗客が多いセントラルホテルなどを通らず、まっすぐ水郷潮来のバス停に向かい、ちょうど30分前に出た通常のかしま号を追い抜いたほどだ。

鉄道はあるものの、東京への直通便はなく、乗り換えで時間がかかり高速バスが重宝されているようだ。


首都圏でも、高速バスを通勤や買い物と日常で利用する習慣があることを見せつけられた体験であった。






スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

TOK2006

Author:TOK2006
埼玉県出身長崎県育ち、現在東京在住の私が自分探しと日本人として日本という国をよく知ろうというコンセプトのもとで旅を中心に興味あること、また新しいことに挑戦していく日々を描いています。

最近、ツイッターを始めました。
旅の模様を中心に自分なりの独り言ごとを書くつもりです。

TOK2006のアンテナ

TOK2006のTwitter

過去の活動
三浦半島をバスで行く1
三浦半島をバスで行く2
環七通りをバスで行く
バスだけで家に帰る
秋のかなちゅう巡り
夏のかなちゅう巡り(09年版)
上信 バスの旅
東京・小田原 路線バス乗り継ぎ旅
小田原から・・・路線バス乗り継ぎ旅
高速バス乗り放題の旅
西日本パスで西日本周遊

路線バス巡り 天北線
路線バス巡り ふるさと銀河線代替バス
路線バス巡り 瀬戸大橋線
路線バス巡り 豊富留萌線


勝手に「乗りバス」リンク集

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。