東京発!冴えない日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

利尻島探険記

DSC00823.jpg


北海道旅行2日目、早朝に稚内に着いて「夢の浮島」と言われている利尻島に上陸する。

これから先、「発見」と「期待」を胸に秘めて稚内港を出港する。

DSC00828.jpg



稚内から1時間40分で利尻島・鴛泊(おしどまり)港に到着、思ったより船内は人が多くなかったが、それでもツアーなどの観光客は多い。

DSC00830.jpg


DSC00833.jpg


このあと、定期観光バスでまわるので、発車時間まで港の周辺を散歩する。
DSC00839.jpg


島に来て、最初の感想は「意外と暑い!」稚内が寒いぐらいなので、出港前に長袖に着替えて来たのだが、後悔する形となった。

鴛泊の中心を歩いていると、「あったあった」

DSC00840.jpg


北海道ではおなじみのコンビニ「セイコマート」利尻にもコンビニがあり、このセイコマートが島内に3軒ある。

ここで、朝食を購入する。店内では商品の品出しをやっていたので、自分が乗ってきた第1便の船で物が来たのだろうか?


DSC00862.jpg


港に戻り、観光のメインとなる定期観光バスに乗車する。

DSC00844.jpg


最初は、利尻の観光名所である「姫沼」に立ち寄る。

DSC00845.jpg


DSC00846.jpg


沼の周辺、1週15分かかる遊歩道を歩いて沼を見物、まだ曇っていて利尻山が見えない。


DSC00851.jpg


バスは、島内の1周するメイン道路を快走、海岸線沿いに走る。


DSC00853.jpg


続いて、「オタトマリ沼」に到着。天気も快晴になってきたので、利尻山がきれいに見える。

DSC00855.jpg



普段、個人で行動するので定期観光バスなんて乗ったことがないが、知らない土地で効率良くまわることを考えればお得である。

当然、ガイドがいるので説明が聞けるのだが、ここで初めて知るのは「利尻島は礼文島より大きい」ということ、縦長の礼文と丸い利尻では見た目では礼文が大きいイメージがあったが、これも1つの勉強である。


DSC00871.jpg


「仙法崎御崎公園」に到着。海が透きとおっていて綺麗である。

ガイドの説明では、利尻山は残雪などで場所によって見え方が違うとこと、確かに、先ほどのオタトマリ沼と比べて違っていた。

DSC00872.jpg


DSC00867.jpg


海岸のいたる所に特産の「利尻昆布」が生息しており、また空き地に捕った昆布を干している光景が多く見られた。

DSC00873.jpg


最後に利尻町立博物館を見学して、島内道路を鴛泊方向に向かう。

DSC00875.jpg


車窓から、その形から「寝熊の岩」を見て、利尻町の行政の中心、沓形(くつがた)地区を通り、出発地点の鴛泊港に到着して定期観光の終了となった。


DSC00880.jpg


さて、昼食は港のそばにある漁協の食堂でとる。

DSC00879.jpg


利尻と言えば、名物のうに丼でこちらは比較的安くいただける。


その後は、レンタサイクルを借りて周辺をまわることに。

DSC00883.jpg


目的地は、利尻富士町の新たなスポットである「利尻富士温泉」地元住民から私たちのような観光客まで来ている。

途中で自転車のチェーンがはずれて、汗ダクダクで着いたので温泉に入るにはちょうど良い。
フェリーまでの時間をのんびりと過ごす。


利尻では、もうひとつ目的の物がある。

DSC00885.jpg


それは、名産の「ミルピス」地元の森原乳業が製造していて、味がカルピスに似ているとのこと。

DSC00884.jpg


確かに、カルピスの味であり、カルピスより甘みがあって若干ヨーグルトのようにも思えた。

そんな訳で利尻島のすべての行程が終了して、稚内に戻ることに。

DSC00887.jpg


DSC00888.jpg


港を出た時は「またいつか来る」ことを思って、島との別れとなった。

「暑い」印象で、それでも天気に恵まれて素晴らしい利尻島探険であった。


利尻富士町ホームページ http://www.town.rishirifuji.hokkaido.jp/
利尻町ホームページ   http://www.town.rishiri.hokkaido.jp/
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

TOK2006

Author:TOK2006
埼玉県出身長崎県育ち、現在東京在住の私が自分探しと日本人として日本という国をよく知ろうというコンセプトのもとで旅を中心に興味あること、また新しいことに挑戦していく日々を描いています。

最近、ツイッターを始めました。
旅の模様を中心に自分なりの独り言ごとを書くつもりです。

TOK2006のアンテナ

TOK2006のTwitter

過去の活動
三浦半島をバスで行く1
三浦半島をバスで行く2
環七通りをバスで行く
バスだけで家に帰る
秋のかなちゅう巡り
夏のかなちゅう巡り(09年版)
上信 バスの旅
東京・小田原 路線バス乗り継ぎ旅
小田原から・・・路線バス乗り継ぎ旅
高速バス乗り放題の旅
西日本パスで西日本周遊

路線バス巡り 天北線
路線バス巡り ふるさと銀河線代替バス
路線バス巡り 瀬戸大橋線
路線バス巡り 豊富留萌線


勝手に「乗りバス」リンク集

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。