東京発!冴えない日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の最後の旅

DSC01167.jpg


夏の18きっぷ最後の旅は前日に高速バスで新潟入りしてから始まる。


DSC01168.jpg

DSC01179.jpg


今回は、まだ乗ったことのない路線に乗ろうと「米坂線」をまわってみる。

朝のラッシュ時とあって、新潟駅に到着する列車からは多くの人が降りてきて、知らない土地でのラッシュ光景に見とれてしまうが、それとは関係なしに私が乗り込んだ列車は、のんびりとしたムードである。

DSC01171.jpg


列車は、羽越線を進んで行くが、米どころとあって稲が実って黄金色になっていて綺麗である。

新潟市内は雨で、天気予報でもこの日は終日雨との予報で旅に向いていないかと思ったが、市内を離れるとだんだんと雨が上がってきて、希望の光が見えてきた。

DSC01172.jpg


坂町から米坂線に入り、荒川に沿って走っていく。

こうした川沿いに走る光景がいいもので、しばし見とれてしまう。

このあたりは初めて来たとあって町の名前どころか、ここが何県にあたるのかもわからず、そうした時に「越後~」「羽前~」といった旧国名が駅名に付いているとわかりやすい。

DSC01175.jpg


このあたりも稲が実って、田んぼ一面が黄金色である。

DSC01178.jpg


途中の列車待ち合わせ時間を利用して駅から出てみる。
よっぽどの用事がなければ、降り立つ機会がない場所だけに貴重である。


新潟から3時間にわたる米坂線の旅を終えて、米沢で乗り換えて山形にやってきた。

DSC01182.jpg


DSC01184.jpg


ここからは、仙台方面の仙山線を利用する。

この路線も初めてで、どんな風景か楽しみである。

意外と山間部を突き抜けていく路線で、以前から名前としては気になっていた「面白山高原」駅を通る。

事前に聞いていたことであるが、何もなく「つまらない」方にあたる。


この路線は、今まで山間部を通ってきても、仙台市街に入れば乗客が多くなり仙台の通勤路線となって驚きである。


DSC01185.jpg


そんな訳で仙台に到着。

牛たんでも食べたかったが、山形で食事をとってきたので次回の機会になってしまう。

あとはこのまま東北線を下がって東京に帰るだけであるが、福島からの先の列車に時間の空きがあるので、いい機会なので途中の槻木から阿武隈急行線に乗ってみる。

DSC01188.jpg


こうでもないと乗らない路線で、当然初めて乗る。

第三セクターでも車内や外の様子はJRとあまり変わらず、制服が違う乗務員が他社だという雰囲気が出ている。

このあたりも稲が実ってきて、田んぼは先ほどと同じ色である。

でも、雨の影響なのか阿武隈川が濁流と言ってもいいくらいの流れで、きれいな様子ではない。
しかし、ここまで天気が保っているのが何よりで、このままスムーズに進むことだけを願っている。

終点の福島に到着するが、JRの乗り場とは結構離れているのが予想外で、まさに他社だということがここにきて示された。


DSC01189.jpg


福島から再びJR東北線に合流して、東京までスムーズに進むことができ良い旅となった。

収穫間近の田んぼは、立派に実っていて「豊作かな」と思わされる光景で、これからの新米が楽しみである。

今年の夏は、仕事で例年より出かけることが少なかったが、それでも何事もなく、無事に終わった旅ばかりで満足ではあった。
スポンサーサイト
コメント
おっ! 国鉄色
お~国鉄色じゃないですか。
良い感じです、まだ残ってたんですね、
米坂線は冬も良いですよ、
冬の18きっぷで行ってみますか?
2006/09/12(火) 11:25 | URL | #2sG/ekKs[ 編集]
システムの不具合なのか私の名前になっていますが「つばめ様」・・・・


国鉄色の車両がいるなんて知らず、入線した時は驚きました。
今回、稲が豊富な夏でしたけど、雪に覆われた冬にも行ってみたいですね。

つばめ様の旅行記の方も楽しみにしています。
2006/09/12(火) 20:44 | URL | TOK #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

TOK2006

Author:TOK2006
埼玉県出身長崎県育ち、現在東京在住の私が自分探しと日本人として日本という国をよく知ろうというコンセプトのもとで旅を中心に興味あること、また新しいことに挑戦していく日々を描いています。

最近、ツイッターを始めました。
旅の模様を中心に自分なりの独り言ごとを書くつもりです。

TOK2006のアンテナ

TOK2006のTwitter

過去の活動
三浦半島をバスで行く1
三浦半島をバスで行く2
環七通りをバスで行く
バスだけで家に帰る
秋のかなちゅう巡り
夏のかなちゅう巡り(09年版)
上信 バスの旅
東京・小田原 路線バス乗り継ぎ旅
小田原から・・・路線バス乗り継ぎ旅
高速バス乗り放題の旅
西日本パスで西日本周遊

路線バス巡り 天北線
路線バス巡り ふるさと銀河線代替バス
路線バス巡り 瀬戸大橋線
路線バス巡り 豊富留萌線


勝手に「乗りバス」リンク集

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。